logo

東京家政学院大学が10月22日に特別公開講座を開催 -- 元オリンピックシンクロチームヘッドコーチ金子正子氏「指導者の役割」

東京家政学院大学 2015年10月07日 08時05分
From Digital PR Platform


東京家政学院大学は10月22日(木)に、町田キャンパス(東京都町田市)で特別公開講座を開催する。卒業生である元オリンピックシンクロチームヘッドコーチ、金子正子氏を招き「指導者の役割」というテーマで講演をしていただく。参加費無料、事前申込不要。


【日 時】  10月22日(木)13:00~14:30[12:15開場]
【場 所】  東京家政学院大学 町田キャンパス
【講 師】  金子 正子 氏
【演 題】  「指導者の役割」
【対 象】  同大学生・教職員および地域の方
【費 用】  無料

<講師略歴>
●金子 正子 氏
 東京生まれ 東京家政学院大学卒
 大学卒業後、東京シンクロクラブコーチとなる。以来50年近くシンクロナイズドスイミング競技の発展に貢献。世界で戦うたくさんのメダリストたちを育成するとともに、日本スポーツ界の女性指導者のパイオニアとして活躍。1980年から16年間シンクロ選手強化部長を務め、1996年には女性初の理事・シンクロ委員長に就任。国際オープン大会を常設するなど男性顔負けの外交手腕を発揮し、世界に確固たる日本の地位を築く。
 コーチとしては、ロスアンゼルス五輪からロンドン五輪まで8大会のオリンピックに、シンクロ競技のヘッドコーチ、日本選手団唯一の女性本部役員、水泳選手団のチームリーダーを務めるなど活躍。東京都民文化栄誉賞、文部科学大臣スポーツ功労賞(7回)、エイボンスポーツ賞、日本スポーツ賞、第1回ミズノスポーツメントールゴールド賞、ビックスポーツ功労賞、IOC国際オリンピック女性スポーツオーダー賞等、コーチとして多くの賞を受賞。今年6月にはアメリカにある国際殿堂入りを果たす。
 現在は、公益財団法人日本水泳連盟顧問、日本体育協会評議委員、三菱財団養和会理事、東京都、横浜市スポーツ審議委員、日本警察大学校特別講師などを務めている。

▼本件に関する問い合先
 東京家政学院大学 入試広報グループ
 和久 雄亮(わく ゆうすけ)
 〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地(町田キャンパス)
 TEL: 042-782-9412
 FAX: 042-782-1711 
 E-MAIL: waku@kasei-gakuin.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。