logo

KIOSK端末のビジカ InstagramなどのSNS対応型「写真プリント端末」を開発

KIOSK端末開発の株式会社ビジカ(東京都台東区 代表取締役 川森基次)は、コンビニプリントサービス(BiziCard)で培ったノウハウをもとに、イベント会場や店舗での販売促進活動/顧客サービスなどに活用できる「写真プリント端末」を開発いたしました。InstagramやFacebookなどのソーシャルネットワークサービスと連携したイベント活用やカレンダー、証明写真などのフォトプリントを提供できるスマホ連携のクラウドサービスを提供可能です。2015年11月よりテスト稼働が可能で2016年度よりの本格稼働を計画しています。端末は、昇華型写真プリンタを内蔵しL判2L判の写真プリントが可能です。プリントするコンテンツの識別を行うためにQRコードリーダーを搭載しており株式会社ビジカ製のKiosk端末との連携も可能です。イベント参加者や特定会員だけが利用できるなどのコントロールが可能で、ポイントシステムなどとの連携を行うなど利用方法に応じたカスタマイズも承ります。

☆開発元
株式会社ビジカ(リンク)
代表取締役 川森基次
東京都台東区上野5-6-11サンキビル4F

☆詳細説明
L版及び2L版の本格的写真プリントが可能な昇華型プリンタを内蔵した端末です。
会員カードやポイントシステムなどとの連携利用のご相談に対応致します。

このプレスリリースの付帯情報

イメージ図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。