logo

「おんせん県おおいた」 びっくり!旬情報 NEWS LETTER vol.15

大分県 2015年10月06日 12時19分
From PR TIMES



■おんせん県おおいた新作動画“シンフロ”発表!&高崎山シャーロットちゃん最新情報
■秋の夜長に晩酌を楽しむ ワインに合う大分県産のおつまみご紹介!
■耶馬溪の紅葉を今年はサイクリングで堪能しましょう!

大分県は、湧出量、源泉数ともに全国1位。日本一の「おんせん県」の名の通り、別府温泉・由布院温泉を筆頭に、県内各地でバラエティあふれる温泉を 楽しむことができます。また、山の幸・海の幸・郷土料理・B級グルメと、“味”力も満載。そんな見どころたっぷりの「おんせん県おおいた」おすすめ情報を、ニュースレターを通して余すところなく発信していきます。



大分県のNEW TOPIC

■10/5(月)公開!
日本一の「おんせん県おおいた」が送る新作動画は、お風呂でシンクロする前代未聞の“シンフロ”ムービー

[画像1: リンク ]

源泉数・湧出量日本一を誇る大分県はこの度、新しくなった「おんせん県おおいた」の魅力を新しい観点から伝えるべく、プロのシンクロナイズドスイミングチームと本県に実在するバラエティ豊かな温泉を掛け合わせた新作動画を制作。世界基準のキャストを迎え、大分県が本気で挑んだ新作動画「シンフロ」を公開しました。県のTVCMとしても放映予定の同ムービーは、ユニークな内容で多くの話題を集めた「おんせん県おおいた」によるTVCMの第3弾。大分特有のさまざまな魅力を最大限伝えるため、近年「男女混合競技」として認められ、日本チームも活躍し世界水泳でも注目された「シンクロナイズドスイミング」をその表現方法として取り入れ、披露する演技の中で大分県の特産品など、こだわりのエッセンスの数々を盛り込んでいます。
[画像2: リンク ]



・温泉でシンクロはできるのか?!元日本代表選手による挑戦!

バラエティ豊かな大分県の温泉で、すべて現地ロケにて撮影を実施。メンバーはオリンピックメダリスト・藤井来夏氏が主宰するプロのシンクロナイズドスイミングチーム「RAIKA ENTERTAINMENT」所属のメンバー。息の合った華麗な演技は圧巻。

・世界三大広告賞も受賞した「振付稼業air:man」が大分の特産物をモチーフに振付!
振付は、YouTubeで2,000万回再生を記録した「OK Go」のPV『I Won’t Let You Down』の振付を担当し、2015 MTV Video Music AwardsのBest Choreography(振付部門)でグランプリを受賞、世界三大広告賞も受賞した話題の振付師「振付稼業air:man」が担当しました。

・瀧廉太郎の名曲『花』を、鬼才・清川進也氏が大分県の音を集めてアレンジ!
本作に使用しているBGMは、大分県出身の作曲家・瀧廉太郎氏の名曲『花』を アレンジしたもの。『森の木琴』など国内外の広告賞で多数の受賞歴を誇る「Invisible Designs Lab.」の清川進也氏が手掛け、温泉に入る音やから揚げを揚げる音など、大分県各地で録音した「大分県の音」を、一つ一つ、つなぎ合わせて制作しました。

・シンフロ公式サイト:リンク



大分県のNEW TOPIC+

■高崎山のシャーロットちゃん最新情報!駆け回る姿がキュート!すくすく成長中

[画像3: リンク ]

今年5月に高崎山で誕生し、「シャーロット」と名付けられたメスのニホンザル。一時は名前を巡り、ニュースなどで多く取り上げられました。そんなシャーロットちゃんは現在もすくすく成長しています!大きな目が特徴で、性格は活発でおてんば。毎日高崎山自然動物園を駆け回っており、最近は水道での水遊びを覚えました。8月には、園内でポストカードの販売を開始し、売上も上々です。高崎山自然動物園に姿を見せるサルの群れは、B群と、シャーロットちゃんが属するC群の二つで、C群は午前中~午後2時ごろに姿を見せることが多いようです。




大分県の味力

秋の夜長に晩酌を楽しむ ワインに合う大分県産のおつまみご紹介!

[画像4: リンク ]



■かぼす日和

かぼすを使った甘露菓子「かぼす日和」。これまで食用に使われることの少なかったかぼすの皮を利用しています。黄色のものは、晩秋から冬にかけて収穫された完熟かぼすを使用しており、まろやかな酸味と甘さが特徴。緑色のものは、夏に収穫されたかぼすを使用しており、爽やかな酸味とほどよい甘さが後を引きます。スパークリングの白ワインと合わせて食べるのがおすすめです。


■トマバジソース  白身魚のムニエル&チキンソテー
[画像5: リンク ]

トマトの名産地竹田市荻町の完熟トマトとバジル、自社栽培のにんにくと玉ねぎを使用した「トマバジソース」。フタを開けるとバジルの香りが広がります。トマバジソースを熱し、白身魚のムニエルやチキンソテーにかけるだけで、ワインにぴったりのおしゃれな一品が完成。トマバジソースにしっかり味がついているので、少しの手間で様々なアレンジを楽しめます。



[画像6: リンク ]



■ごまだし ごまだしバーニャカウダ
新鮮な魚を焼き、身をほぐしてすったものに、たっぷりのゴマを加え、醤油やみりんで味付けした佐伯市の名物「ごまだし」。にんにくと生クリーム、オリーブオイルを加えてフライパンで熱すると「ごまだしのバーニャカウダソース」の完成です。温野菜や魚との相性抜群の、白ワインがすすむイタリアンメニューです。


■鹿肉と生姜の赤ワイン煮

[画像7: リンク ]

鹿肉の赤身のさっぱりした肉質を活かして、生姜と赤ワインでじっくり煮込みました。豊後大野市の山々で育った鹿を地元女猟師が仕留め、解体した素材を使用。箸でほぐせるほど柔らかく、さっぱりながらも味わい深い一品です。レトルトのためお湯で5分温めるだけで楽しめ、ワインだけでなくシャンパン、日本酒にもよく合います。



大分県の温泉&観光

■耶馬溪(やばけい)
日本屈指の紅葉の名所!この季節はサイクリングがおすすめ

[画像8: リンク ]

耶馬溪は、中津市を流れる山国川の上~中流域と、その支流域を中心とした渓谷です。数百万年前の火山活動によってできた溶岩台地が、長い年月を経て水で削られ、岩山が高く連なる独特な風景となりました。日本三大奇勝や日本新三景に選ばれており、秋には九州を代表する紅葉の名所として知られています。特に、「青の洞門」や、深(しん)耶馬渓の「一目八景(ひとめはっけい)」などが人気の紅葉スポット。例年、10月下旬~11月下旬が紅葉のピークです。「一目八景」は紅葉ライトアップも行うため、夜の訪問もおすすめです。


■メイプル耶馬サイクリングロード
川の中でカーブした珍しい橋「山国川第二鉄橋」を走る!耶馬溪の魅力を一挙に楽しめるコース!

[画像9: リンク ]

耶馬渓鉄道廃線跡を利用した全行程約36kmの西日本有数のサイクリングロードで、青の洞門や擲筆峰(てきひっぽう)といった、耶馬溪エリアの名所を回ることができます。中でも、かつて鉄道橋として使用されていた「山国川第二鉄橋」は川の中でカーブした珍しい橋で、写真撮影スポットに最適です。鉄道跡を利用しているため、勾配も緩やか。また、コース内には3つのサイクリングターミナルがあり、シティサイクルからロードバイクまで様々な自転車を貸し出しています。子どもや初心者も楽しめるサイクリングロードです。秋にはサイクリングをしながら紅葉を楽しむことができるため、これからの季節にぴったりです。


・なかま温泉 つるっぬるっが気持ちいい!
[画像10: リンク ]

「道の駅やまくに」の横にある「なかま温泉」。ぬるっとしたアルカリ泉でpH値はなんと8.97(九州2位)。元々は組合員専用浴場でしたが、この泉質を多くの人に堪能してもらいたいと、一般に開放されました。休憩室には冷えた源泉が入ったポットが置かれているため、湯上りに飲泉も楽しめます。(住所:中津市山国町中摩3485-1)





[画像11: リンク ]



・守実(もりざね)温泉 サイクリング後はココ!
メイプル耶馬サイクリングロードのゴール地点である守実(もりざね)温泉にある「やすらぎの郷やまくに」。つるりとした柔らかなお湯と、大浴場から眺める耶馬溪の自然豊かな風景がサイクリングで疲れた体を癒します。また、サウナや家族風呂も備えています。(住所:中津市山国町藤野木12-1)
 

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。