logo

中小規模事業所へのソリューション・サービス展開をグローバルで強化

富士ゼロックス株式会社 2015年10月06日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月6日

富士ゼロックス株式会社

中小規模事業所へのソリューション・サービス展開をグローバルで強化

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、中小規模事業所へのソリューション・サービス展開をグローバルで加速するため、フルカラーおよびモノクロデジタル複合機「DocuCentre-V(ドキュセンター ファイブ)」シリーズを、海外地域では中国を皮切りに9月から8機種*1、日本では10月23日から4機種*2を発売いたします。

今回発表する機種は、主力ラインアップ*3と共通の最新コントローラーソフトウェアを搭載。エントリーモデルの複合機を活用した簡易な業務ソリューションを梃子に、国内外で中小規模事業所のお客様に対して販売会社や特約店、ディーラーを中心とした販売網においてソリューション提案力の強化やお客様でのソリューション導入加速を図ることで、さらなる業務効率化・課題解決に貢献します。

また、富士ゼロックスのドキュメントハンドリング・ソフトウェア「DocuWorks」上で文書トレイを使った電子文書の受け渡しを行うオプションソフトウェアの機能を強化した「DocuWorks トレイ 2」ならびに、文書トレイで受け渡した電子文書の操作ログを収集する新たなクラウドサービス「DocuWorks トレイ 文書追跡サービス」を11月12日*4から発売いたします。

【DocuCentre-Vシリーズの主な特長】
・モバイルワークの効率化を支援
AirPrintやGoogleクラウドプリント、MopriaTMプリント*5に対応することにより、特別なアプリケーションをインストールすることなくモバイル機器からプリントすることができます。また、無線LANコンバーター(オプション)との接続によりWi-Fi Directも利用可能となり、モバイル機器から直接複合機に接続して手軽にプリントが可能です。
さらに、ドキュメント共有を支援する富士ゼロックスのクラウドサービス「Working Folder」と連携、受信したファクスをモバイル端末機から外出先で見られることで、タイムリーな応対を実現し、お客様のビジネスをサポートします。
・スキャン機能を強化して簡易な業務ソリューションを提供
「業務別らくらくスキャン」により、定型的な煩わしいスキャン業務をかんたんな操作でできるようになりました。業務別にあらかじめ設定したボタンを押すだけで、適切な送信先にルールに基づいたファイル名のスキャン文書が自動的に送信されます。業務ごとに異なるスキャンの送信先やその他の設定、スキャン文書のファイル名をPCで変更するなど、スキャン業務で毎回行う必要がある煩雑な手間を削減します。
・柔軟な出力環境の構築によるTCO削減
文書出力を指示した複合機が利用されていても、空いている他の複合機へ出力指示を転送し出力できる「サーバーレスオンデマンドプリント」機能や、認証サーバーがない環境においてもネットワークでつながっているどの複合機からでも認証操作が可能となる「サーバーレス認証」を実現。プリント待ち時間の削減や無駄な出力の防止をすることでお客様のTCO(総所有コスト)削減に貢献し、中小事業所のお客様においてもより利便性の高い出力環境を提供します。

【DocuWorks トレイ 2/DocuWorks トレイ 文書追跡サービスの主な特長】
・DocuWorks トレイ 2
文書トレイで電子文書の受け渡しが直感的かつスムーズに行える機能に加え、文書トレイ内の文書を直接開いて見ることができるようになりました。これまではトレイ内の文書を見るためには、一度DocuWorks Desk上に取り出す必要がありましたが、その必要がなくなることで業務がよりスムーズに流れます。また、一斉同報機能を新たに追加し、文書トレイに1回文書を格納するだけで、ネットワーク上の複数の受け手に対して文書の受け渡しを行うことが可能になりました。
・DocuWorks トレイ 文書追跡サービス*6
「DocuWorks トレイ 2」と連携し、文書トレイで受け渡した電子文書の操作ログを収集するクラウドサービスで、受け渡しをしたDocuWorksファイルが今どこの文書トレイにあるかや、いつ、誰が、どの順番でファイルの受け渡しをしてきたかなどが確認できます。
「DocuWorks トレイ 2」ならびに「DocuWorks トレイ 文書追跡サービス」と当社の複合機を連携することで、ファクスやスキャンで受け取ったお客様からの注文書や社内申請書など文書を次工程に受け渡す必要がある場合も、文書トレイを使った直感的な操作で簡単にできる、処理状況が簡単にわかるなど、業務フロー全体の業務処理の迅速化、業務品質の向上に貢献します。

*1: ApeosPort-V 3065/3060/2060、DocuCentre-V 3065/3060/2060、DocuCentre-V C2265/C2263
*2: DocuCentre-V C2263、DocuCentre-V 3060/2060/1060
*3: ApeosPort-V C7776 / C6676 / C5576 / C4476 / C3376 / C2276、DocuCentre-V C7776 / C6676 / C5576 / C4476 / C3376/ C2276
ApeosPort-V C7785 / C6685 / C5585、DocuCentre-V C7785 / C6685 / C5585
*4:日本国内のみ
*5:モプリア プリント:Mopria Print serviceの入ったモバイル端末から、Mopria認証機器にメーカーや機種ごとの印刷用アプリケーションをインストールすることなく簡単に出力できる規格
*6:対象文書フォーマットはDocuWorksファイル(.xdw,xbd,xct)のみ



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。