logo

学習院大学史料館が12月5日まで「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」を開催 -- 開館40周年記念

学習院大学 2015年10月06日 08時05分
From Digital PR Platform


学習院大学史料館(東京都豊島区)は10月3日(土)から12月5日(土)まで、「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」を開催する。これは、同館の開館40周年を記念して開かれるもので、教科書に登場する著名な作品や人物に関連した貴重な資料が展示される。また、10月15日(木)~30日(金)の期間には、ミニ展示「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」も開催。日本人として初めてフィールズ賞を受賞した小平邦彦に関する多様な資料を展示する。


 学習院大学史料館は、史料の収蔵、整理・保存と公開を行うことを目的として、1975(昭和50)年2月に開館した。
 皇族や華族関係の資料だけではなく、江戸時代の一揆に関する古文書や、学習院が歴史教育のため戦前に使用していた標本資料、かつて学習院で教鞭を執っていた学者たちの遺愛品など、多岐にわたる資料を所蔵しており、総件数はおよそ14万件を数える。

 このたび、10月3日(土)から12月5日(土)まで、同館の開館40周年を記念して「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」を開催。館員がそれぞれ教科書に登場する作品や人物に関連した資料を選び、公開する。「学習院にこんなものがあったんだ!」という発見と同時に、「これ教科書で見たことがある!」ともう一度学ぶことを楽しんでいただけるような展覧会となっている。

◆学習院大学史料館開館40周年記念「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」
【開催期間】
 10月3日(土)~12月5日(土)
 ※閉室日:日曜日・祝日、10月16日(金)、17日(土)、10月31日(土)~11月4日(水)
【開室時間】 平日・土曜日 10:00~17:00
【場 所】 学習院大学史料館展示室(北2号館1階)
【アクセス】
・JR山手線目白駅より徒歩5分
・東京メトロ副都心線雑司が谷駅より徒歩7分
【観覧料】 無料
■ギャラリートーク
(1)10月24日(土)
(2)11月7日(土)
 いずれも14:00~、展示室内
■関連講座 第78回学習院大学史料館講座「近代日本の彫刻」
【講 師】 佐藤道信氏(東京藝術大学 教授)
【日 時】 11月14日(土) 14:00~15:30
【会 場】 学習院大学 中央教育研究棟302
※入場無料、事前申し込み不要

 なお、10月15日(木)~30日(金)の期間には、ミニ展示「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」も開催。日本人として初めてフィールズ賞を受賞した小平邦彦は、東京帝国大学卒業後、戦争中の困難な時代も研究を続け、戦後はプリンストン大学高等数学研究所など海外で活躍。帰国後は東京大学、学習院大学で教鞭を執り、数学界に多大な貢献をした。今回の展示では、所蔵資料のうち、小平邦彦のイラストなど多様な資料を展示する。

◆ミニ展示「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」
【開催期間】
 10月15日(木)~30日(金)
 ※閉室:日曜日・祝日、10月16日(金)、17日(土)
【開室時間】 平日・土曜日 9:30~17:30
【場 所】 学習院大学史料館 北別館内展示コーナー
【観覧料】 無料
■ギャラリートーク:学習院大学理学部数学科教授の中島匠一教授による解説
(1)10月20日(火) 15:00~
(2)10月23日(金) 15:00~
 ご参加の方は、時間までに展示コーナーにお集まりください。

●学習院大学史料館公式HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学習院大学史料館
 TEL: 03-3986-0221(代表) 内線6569

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。