logo

TIS、複雑化するITインフラの統合管理・監視などの運用を支援するマネージドサービス『MOTHER』を提供開始

ITホールディングスグループ 2015年10月05日 12時00分
From PR TIMES

~AWSの複数アカウントの運用管理を簡単、安定・安全に~

 ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、ITインフラのクラウドサービスやオンプレミスの統合管理や、オンプレミスシステムの運用と同レベルの障害監視・性能分析などの機能を備え、煩雑化、複雑化する企業のITインフラの管理、運用を支援するマネージドサービス『サービス名:MOTHER(マザー)』を提供開始することを発表します。



 TISでは、『MOTHER』の対応プラットフォームの第一弾として、 アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)向けサービスを提供開始します。今後は対応プラットフォームをAWS以外のクラウドサービスやオンプレミスまで拡充し、さらにシステム運用の自動化や運用サービスのテンプレートの提供などサービスメニューを充実していきます。将来的にはクラウドからオンプレミスまですべてを統合管理できるマルチプラットフォームのマネージドサービスを目指します。

 TISは『MOTHER』を、クラウド活用でその運用に課題を抱える企業や、マルチプラットフォーム環境において運用課題を抱えより効率的な運用を検討している企業、今後クラウド環境の導入を検討している企業などをターゲットに提供していき、2017年度末までに100社への導入を目指します。

<『MOTHER」の利用イメージ>

[画像1: リンク ]


■『MOTHER』提供の背景
 ビジネスのスピード化に伴い、小規模でスタートでき低コストで導入が容易なクラウドサービスの活用が企業に普及し、企業内の一部門などの組織単位での利用も進んでいます。しかし、その結果、既存のオンプレミスからクラウドまで企業システムに様々なインフラ環境が乱立し、その運用の煩雑化やコスト管理などが課題となっています。また、昨今は情報系システムだけでなく、基幹系システムにもクラウドを利用する企業も増加しており、システムの安定性の確保やセキュリティ脅威への対応などオンプレミス同様の高信頼性がクラウドの運用においても求められています。

■マネージドサービス『MOTHER」の特長
 『MOTHER』は、TISがAWSなどの各種クラウド基盤や、複数クラウドとオンプレミスを組み合わせたハイブリッド環境の構築で培ってきたノウハウ、DC・クラウド事業者としての運用経験を活かしたマネージドサービスです。『MOTHER』には以下の3つの特長があります。

1)複数アカウントの運用状況の統合管理が可能
 第1弾プラットフォームとして対応するAWSの複数アカウントそれぞれのインスタンス情報の取得・一覧表示や、起動・停止等の基本的なインスタンス操作などの統合管理機能を備えています。これにより個別管理による運用業務の煩雑さを軽減し、業務効率を改善することができ、アカウントを統合管理することで企業全体としてのITガバナンスの強化やコスト管理を実現することが可能になります。
(今後、追加されるプラットフォームにおいても同様の統合管理に対応する予定)

2)わかりやすいGUIでシンプルかつ利便性の高いポータル機能を提供
 クラウドサービスやシステム運用管理ツールで提供される運用管理機能は、複雑かつ難しく使いこなすには専門の知識と技術が必要となります。TISが提供する『MOTHER』では、クラウドサービスや運用管理製品に精通していないシステム管理者でも簡単に運用ができるよう、運用業務に必須な情報の取得やシステムの操作を、簡単なGUIで提供します。

3)クラウドサービスにもオンプレミス同レベルの安定性・安全性のある運用サービスを提供
 クラウドサービスの標準サービスだけでは実現が難しく、企業システムには欠かせないオンプレミスシステムの運用と同品質の安定性・安全性ある運用サービスを提供します。

 『MOTHER』で提供する監視サービスでは、クラウドサービス上のお客様システムの稼働状況や性能状況を常時監視し、異常発生時にはメールや電話、障害の一次対応までをTISが対応します。お客様はクラウドシステムであっても、自社で専用の運用システム環境やそれを管理する運用体制を準備することなく、オンプレミスと同等の安定したシステム運用を行うことができます。

■『MOTHER』の概要とサービスメニュー
 『MOTHER』では、複数のクラウドサービスや複数アカウントの統合管理を可能にする「プラットフォーム管理サービス」と、エンタープライズシステムに必須な安定したシステム運用を支援する「障害監視サービス」、システムのネットワークやサーバリソース、ディスクなどの性能を監視する「性能分析サービス」、そして、それらの運用管理を容易にするわかりやすいGUIのポータル機能をサービスメニューとして提供します 。

 対応プラットフォーム第1弾として、「プラットフォーム管理サービス」ではAWSに対応します。なお、「障害監視サービス」「性能分析サービス」はAWS以外のクラウドサービスやオンプレミスも対象としています。

 また、今後、運用管理の自動化や運用管理のテンプレート提供など、サービスメニューを拡充していく予定です。

<「プラットフォーム管理サービス」のサーバ統合管理の画面イメージ>
[画像2: リンク ]



<プラットフォーム管理サービス>

[画像3: リンク ]


<障害監視サービス>
[画像4: リンク ]

   ※AWS以外のプラットフォームにも対応可能

<性能分析サービス>
[画像5: リンク ]

   ※AWS以外のプラットフォームにも対応可能

■『MOTHER』利用料(税抜)
<プラットフォーム管理サービス>
[画像6: リンク ]



<障害監視サービス>

[画像7: リンク ]

<性能分析サービス>
[画像8: リンク ]



『MOTHER』の詳細は以下URLをご参照ください。
リンク


TIS株式会社について
 ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

※ Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

◆本サービスに関するお問い合わせ先
TIS株式会社
プラットフォームサービス本部 プラットフォームサービス事業部 プラットフォームサービス営業部
TEL:03-5337-4379 E-mail:ps-info@ml.tis.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事