logo

年間を通じて2万件以上の求人があるPHP ~初心者から上級者まで幅広い仕事内容~

「ヒューマンリソシア株式会社はコラム「年間を通じて2万件以上の求人があるPHP ~初心者から上級者まで幅広い仕事内容~」を公開しました。」

###

最初に米国の求人動向を見てみたいと思います。

以下でご紹介するのはINDEED社が公開しているグラフ「Job Trends(2015年8月29日)」です。
開発言語で求人が多い上位4つまでの2005年の1月を起点とした求人数の推移を紹介しています。

第1回_1

※引用元:INDEED JOBTREND

リンク

特徴的なのはPHP求人以外は全て2005年1月と比べて成長率が0%かマイナスであることです。
PHPはWebサーバ上で稼働するプログラミング言語として80%以上をここ数年維持しており、Webサーバの台数が拡大するにつれPHPの稼働台数も増え、併せて求人が伸びている構図です。Webサーバは2006年に1億台だったのに対して2014年には10億台を超え、今も増え続けております。
一方C系はPCやスマートデバイスなど端末台数が伸びてはいるものの、端末の種類が多様化してきているため、個別にネイティブアプリを開発することでコストが発生するようになってきています。それにより、ネイティブアプリ開発からハイブリッドアプリやWebアプリケーションへと案件が流れ、C系の求人数が頭打ちになってきていると考えられます。Javaはよりスピーディーな開発が求められる中、人材育成に時間もかかり、開発工数もかかるため、徐々に求人数が減少してきているのだと考えられます。

続いて日本の求人動向のデータをご紹介します。
以下の表はINDEED JAPANに2015年8月時点で掲載されている求人数の集計データです。大半の言語は2013年1月と比較して2倍前後の求人数となっております。この2年半でエンジニア数は2倍にはなっていないので、かなり売り手市場になってきているのは言うまでもありません。PHPは今回も求人数で2位となっており、豊富な仕事量を常に維持しています。

第1回_2

ここでPHPの求人数の内訳を年収で比較をしてみたいと思います。
ここでは同じように求人数が多いJavaと比較してみます。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。