logo

日帰りでも行けちゃう!海の透明度が抜群の阿嘉島。

サニーヘルス株式会社 2015年10月02日 14時51分
From PR TIMES

サニーヘルス株式会社は、沖縄情報発信サイト【沖縄だより(沖縄酵素)】にて『日帰りでも行けちゃう!海の透明度が抜群の阿嘉島。』を公開致しました。
リンク



[画像1: リンク ]



先日、那覇からちょっと足を伸ばして阿嘉島という島に一泊二日で行ってきました。この阿嘉島は慶良間諸島に属する島で、人口340人ほどの小さな島です。

青い空と青い海に挟まれてノンビリ船の旅

[画像2: リンク ]

那覇泊港から簡単に行くことができて、フェリーで90分、高速船だと50分で行くことができますので日帰りも可能です。ハイシーズンにはチケットが売り切れる可能性もあるので、事前予約しておくことをオススメします。クーラーのきいた船内で過ごすのも良いのですが、天気がよければ甲板に出て風に吹かれながら海を眺めるのも気持ちが良いですよ。私がのった船には、マイチェアを持参して甲板でリラックスしているツワモノまでいました!


情熱的な犬!シロがお出迎え

[画像3: リンク ]

阿嘉島に着くと、まずお出迎えしてくれるのが「シロ」の像です。このシロという犬ですが、阿嘉島の民宿に飼われていた雄犬で、対岸の座間味に住む雌犬マリリンに会うために、潮流の速い海を泳いで渡ったそうです。そのため、この像は座間味の方角を向いています。この話は「マリリンに逢いたい」という映画にもなっています。しかも、シロ役は本物のシロが演じたそうです。


ビーチで大興奮!お魚パラダイス!!

[画像4: リンク ]

阿嘉島についたら、もう海で遊ぶしかありません。海の透明度が高く、ダイバーも多く訪れます。浅瀬をシュノーケリングするだけでも沢山の魚を見ることが出来るので子供連れにもオススメです。阿嘉島のビーチには、バナナボートやジェットスキーのようなマリンレジャーはありません。妙に観光地化していないので、ノンビリ過ごすことができます。ビーチはいくつかありますが、設備の整っているビーチもあれば、自然なままのビーチもあります。事前に設備についてはチェックしていきましょう。
[画像5: リンク ]

私は泊まった民宿で自転車を借りてニシバマビーチまで行きました。途中でラッキーなことに天然記念物のケラマジカにも会うことができました。このケラマジカ、日本国指定の天然記念物にも指定されています。目がクリッとしてとってもかわいかったです。このケラマジカは慶良間諸島の島々を泳いで渡るそうです。こんなキレイな海だと鹿も泳ぎたくなるのですかね~(笑)


シュノーケリングツアーは今晩の食料調達!?

[画像6: リンク ]

私が宿泊した民宿では、オーナーのボートで沖のほうまでシュノーケリングに連れて行ってくれました。ビーチで遊んでいるだけでも海の透明度にビックリしていたのですが、ちょっと沖にでただけで、もう比べ物にならないぐらいクリアなんです。そして、その透明な海の中で何をするか・・・それは夜光貝探し!!獲れたらそれが晩御飯の1品になります。もう、何度もこの宿にリピートしている常連さんもいて、そんな方々はホイホイと貝を見つけるのですが、私は潜ることもままならない状態で・・・。皆さんが頑張って獲ってくれた貝を美味しく頂きました。

夜はテラスで空いっぱいの星を鑑賞していたら、民宿のオーナーさんから「ゆんたくしませんかー」とお声がかかりました。「ゆんたく」とは沖縄の方言で「おしゃべり」という意味です。それぞれ、お酒やスナックを持ち寄ってワイワイと楽しい時間を過ごしました。

翌日も朝から海で遊び、帰りのフェリーの時間が近づいたので民宿の方々にお別れの挨拶を。
おばぁが「またすぐに帰っておいでよー。」と笑顔で手を振ってくれたのがとても嬉しかったです。

みなさんも機会があれば、那覇から少し足を伸ばして阿嘉島まで行ってみてください。

■本記事掲載ページはこちら
URL: リンク

■沖縄だよりとは
サニーヘルス株式会社が運営する「沖縄だより」では、沖縄の食事やレシピ、観光情報など
を提供しています。沖縄酵素の誕生の地がどんな場所なのか、皆様にお伝えできればと思います。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事