logo

『タブルーム』、名作家具『USMハラー』50周年の特別共同企画 「USM in JAPAN -日本のUSMハラー事例50選-」を5週連続で発表

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が運営する、国内最大級のインテリアポータルサイト『TABROOM(タブルーム)』は、世界を代表するシステムファニチャーブランド『USMモジュラーファニチャー』と共同し、同社の今年50周年を迎えるベストセラー製品『USMハラー』の国内導入事例を集めた特別企画「USM in JAPAN -日本のUSMハラー事例50選-」を2015年10月2日(金)より、5週連続で展開することをお知らせいたします。

▼『TABROOM(タブルーム)』はこちら
リンク




【50周年特別共同企画「USM in JAPAN -日本のUSMハラー事例50選-」の概要】

スイスを拠点とする『USMモジュラーファニチャー』社は、同社の代表的製品でMoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションにも認定されている『USMハラー』の50周年を記念した企画を全世界で展開しています。
日本国内における展開として、『タブルーム』と『USM』が共同で、これまでまとめて紹介されることの少なかったた国内での『USMハラー』導入事例を、合計50件取材・収集し、特別企画として公開します。
2015年10月2日(金)に第1弾が公開され、以後、5週連続で全5回構成です。日本国内の事例がまとめて公開される事例集としては過去最多の収録数となります。

[画像1: リンク ]



[表: リンク ]



[画像2: リンク ]

第1弾特集における個人宅リビングでの事例


▼ 50周年特別共同企画ページはこちら
リンク

▼『タブルーム』内の『USMモジュラーファニチャー』社のページはこちら
リンク

▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事