logo

マイク眞木親子、家族の絆を再確認 映画『海賊じいちゃんの贈りもの』イベントに登場!

株式会社ハピネット 2015年10月02日 10時36分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月2日

ハピネット ピクチャーズユニット

マイク眞木親子、映画『海賊じいちゃんの贈りもの』トークイベントで家族の絆を再確認
ベテラン英国俳優ビリー・コノリーにそっくりな出で立ちで登場!

俳優で歌手のマイク眞木と、その息子でプロサーファーの真木勇人、孫のりりかの眞木一家親子3代が、10月1日に都内で行われた映画『海賊じいちゃんの贈りもの』のイベントに出席し、映画にちなんだ家族についてのトークを披露した。

映画を観た印象を聞かれたマイクさんは、「僕が出ています(笑)。今日も似せてきたつもりなんですよ。彼(劇中でキーマンとなる、ビリー・コノリー演じるおじいちゃん)は乗っている車が4駆のトラックだったり、釣りをしていたり、スコティッシュの音楽が好きだったり、『あ、これ俺だよ』って。自分が出ているんじゃないかと思って感激しました。」と、風貌がどことなく似ている登場人物に感情移入した様子。「僕は実は家族がいっぱいいるんですよ。16名のうちの6人が孫で、一番大きな孫が21歳なんだけど、娘が13歳なんです。たまにわけわかんなくなっちゃう(笑)」と大家族のエピソードを披露した。

息子でプロサーファーの真木勇人さんは、「離婚寸前の夫婦と壊れかけの家族が再生していく、という物語なんですが、僕もこういった経験は何度もしているので…」と、マイクさんが思わず「何度も!?(笑)」と声をあげる驚きの発言が飛び出すも、「物語の中で重大なハプニングがあるんですが、大事件が起きてもなんか笑っちゃうというか、感動もありますし、ほっこりと心温まる映画ですね。」と語った。

お互いの関係について尋ねられたマイクさんが、「息子たちは僕自身がやりたかったけどやれなかったことを全部やってくれている。サーフィンで、ものすごいチューブの中に入ってみたり、いろんな国へ行ってキャンプしたり、現地の人たちと一緒に生活をしたり、とんでもない大きな魚を釣ったりとか。僕は今、それを自分がやったような気になって楽しんでいる感じですね。」と話すと、勇人さんは「オヤジはいつも自分と同じ目線で楽しませてくれるし、いつまでも少年の心を持って常におもしろいことをやっている。家の前の川にいかだを浮かべては、ひっくり返ってずぶ濡れになったりとか(笑)。憧れますね。」と、家族の絆の強さをみせた。

最後に映画についてマイクさんは、「ゲラゲラ笑いながらボロボロ泣いていました。そんな映画です。」と観客にメッセージを送ると、勇人さんも、「ささいなケンカや問題があっても一歩引いてみると、たいしたことない事がほとんど。改めて家族の良さ、大切さを確認できたら。」と家族への愛情を再確認した様子だった。




映画『海賊じいちゃんの贈りもの』
アカデミー賞(R)女優ロザムンド・パイク『ゴーン・ガール』主演最新作!
スコットランドの美しい自然を舞台に、”壊れかけ家族“の再生を描く
笑いと感動の愛しさあふれるハートフル・コメディ!

監督・脚本:アンディ・ハミルトン、ガイ・ジェンキン
製作:デヴィッド・M・トンプソン『リトル・ダンサー』
出演:ロザムンド・パイク『ゴーン・ガール』、デヴィッド・テナント『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』、ビリー・コノリー『ホビット 決戦のゆくえ』
2014/イギリス/95分/カラー/英語/日本語字幕:西村美須寿/原題『WHAT WE DID ON OUR HOLIDAY』
提供:ハピネット/配給・宣伝:エスパース・サロウ
(C) ORIGIN PICTURES (OUR HOLIDAY) LIMITED / BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2014
公式HP:kaizokujiichan.espace-sarou.com
10月10日(土)より角川シネマ新宿ほか全国順次公開



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事