logo

ジェンパクト、ボーイング社の生産性と競争力を高める業務プロセスの変革をサポート

ジェンパクトジャパン株式会社 2015年10月02日 10時16分
From Digital PR Platform


Lean Digital (SM)により企業の業務オペレーション変革を支援するジェンパクト(Genpact Limited、NYSE:G、社長 兼 最高経営責任者: Tiger Tyagarajan)は、航空機、防衛産業大手ボーイング社の、業務プロセスアウトソーシングの戦略パートナーに採用されました。複数年契約に基づき、ボーイング社の財務・経理業務と購買・調達業務の効率化、標準化および管理機能の向上をサポートします。

今回のパートナーシップは、ビジネスの成長、生産性向上、コスト削減およびオペレーションの俊敏性を目指すボーイング社の戦略をサポートするものです。

ジェンパクトの社長 兼 最高経営責任者のタイガー・ティアグラジャン(Tiger Tyagarajan)は、「ボーイング社とのパートナーシップには、ジェンパクトの持つ資源および提供能力を最大限に適用します。ボーイング社へのサービス提供は、2005年にGEから独立して以来、我々の長年の夢でした。私および社員一同、ボーイング社の成功に向けて支援できることを、心より喜んでいます」と述べています。

ジェンパクトについて
ジェンパクト(NYSE: G)の社名は、「ビジネスにインパクトをもたらす(Generating Business Impact)」を語源としています。私たちは、特許を持つフレームワーク「スマート・エンタープライズ・プロセス(Smart Enterprise Processes : SEP(SM))」を活用した独自のアプローチLean Digital(SM)により、ミドルおよびバックオフィスを再設計し、顧客の成長、コスト効率、ビジネスの俊敏性を実現します。現在、米国ニューヨーク市に主要管理部門を含むコーポレートオフィスを構え、フォーチュン・グローバル500企業の4分の1以上を含む数百社の顧客と長期的な関係を築くとともに、世界25カ国70,000人以上の規模に成長しています。複雑な業務オペレーションの運営、公平な効率性の追求、テクノロジーが可能とする持続的な変革における専門的な知識と経験は、顧客に迅速なビジネスインパクトとIntelligent OperationsSMの力をもたらします。テクノロジー、プロセス、オペレーショナルエクセレンスに対する熱意は、1988年にゼネラル・エレクトリックの一部門として事業を開始して以来、GEの各事業にサービスを提供したことにより蓄積した遺産により支えられています。詳細につきましては、www.genpact.com をご覧ください。ジェンパクトを、Twitter、Facebook、LinkedIn、YouTubeでフォローしてください。

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
ジェンパクトジャパン株式会社 広報 羽柴
Tel: 03-6844-3515 Fax: 03-6844-3516
E-mail: satoko.hashiba@genpact.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。