logo

fluct、「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」に認定

~Googleのメディア向けサービスを、総合的にいち早く提供することが可能に~

プレスリリース
株式会社fluct
2015年10月2日
----------------------------------------------------------------------
fluct、「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」に認定
~Googleのメディア向けサービスを、総合的にいち早く提供することが可能に~
リンク
----------------------------------------------------------------------

 株式会社VOYAGE GROUP(東京渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)の連結子会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(東京都渋谷区、代表取締役:古谷 和幸、以下「fluct」)は、これまでの実績が評価され、このたびGoogleが新設したサイト運営者向けパートナーの認定代理店制度「サイト運営者向けGoogle認定パートナー(Google Certified Publishing Partner)」に認定されました。「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」に認定されたことで、今後fluctでは、メディアに対し、様々な分野でさらにきめ細やかなサポートをご提供することができるようになります。


 fluctは、2008年からメディアの収益化に取り組み、SSP「Fluct」(※1)のほか、「Google AdSense認定パートナープログラム」の開始と同時に参画したGoogle AdSense認定パートナーとして「Google AdSense」、2015年より提供を開始した「DoubleClick Ad Exchange」なども活用し、6,000以上のメディアの広告収益最大化を行ってまいりました。「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」への認定は、これまで認定パートナーとしてfluctがメディアに対して行なってきたプロダクトの導入支援や導入後の最適化、機能を最大限利用するためのコンサルティング、またポリシー順守といった専門的なサポートと、それらを行なった結果メディアが得られた実績とが評価されたものです。


【「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」として提供するプロダクト】
「Google AdSense」
「DoubleClick Ad Exchange」


【「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」に認定されることでメディアに提供できるメリット例】
・専任の担当者がAdSenseを運用
・通常アカウントでは実装できないAdSense製品のご提案が可能
・AdSense広告コード実装のサポート
・日々の運用をレポーティング
・収益の改善/平均eCPMの向上
・ポリシー違反の管理と再審査を代行
・運用ノウハウの共有
・Googleが提供するアドサーバーのDFPの導入支援



※1)SSP:Supply Side Platformの略で、メディアの広告収益を最大化させる仕組み(リンク)。


■株式会社fluct ( リンク )
代表取締役:古谷 和幸
取締役:宇佐美 進典、小澤 昇歩、土井 健、松葉 重樹
監査役:野口 誉成
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8階
TEL:03-5459-1182
FAX:03-5459-1881
設立:2008年6月2日
資本金:5,000万円(準備金含む)
株主構成及び所有比率:株式会社VOYAGE GROUP 100%
事業内容:SSPの企画、開発、運営


------------------------------------------------------------------------------
【報道関係者お問い合せ先】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室:江頭(エトウ)
TEL:03-5459-1044 FAX:03-5459-4223 
お問い合わせフォーム: リンク

【株主・投資家お問い合わせ】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室:岩崎(イワサキ)
TEL:03-5459-4226 お問い合わせフォーム: リンク
------------------------------------------------------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事