logo

回取引先とのビデオ会議を採用してコストを圧縮する方法

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「回取引先とのビデオ会議を採用してコストを圧縮する方法」を公開しました。

###

今回は「取引先とのビデオ会議を採用してコストを圧縮する方法」というタイトルで書きます。

取引先とのビデオ会議と言っても、取引先に大型のビデオ会議システムを設置しましょう!という話ではありません。それができたら一番便利なのですが、取引先は常に変わっていくので、現時点ではあまり現実的ではありません。
一方で無料のビデオ会議システムという方法もあるにはありますが、無料のビデオ会議システムは品質が安定していないです。また、取引先に無料のビデオ会議システムを使用しませんか?と言っても、「セキュリティ上、大丈夫ですか?弊社のコンプライアンスに違反しますので...」と言われるのが落ちです。

そこで、提案したいのが、ブラウザで使用できるビジネス用の有料ビデオ会議システムです。
これは、大手企業が運営しているケースであればセキュリティ上も比較的安心ですし、品質も安定しているのが特徴です(実際に確認し、試してみることが必要です)。
この手のサービスは有料ですが、取引先に行くための交通費や移動時間の人件費を考えると相当安くなります。システムとしてブラウザで使用できるのであれば、相手先に追加のシステム導入が不要であることから、低コストで運営できます。

例えば、1日8時間を働く社員を対象にした場合、次のようになります。

取引先との会議が1時間として移動時間が1時間の場合、1日に4件しか会議ができません。全てをビデオ会議で行った場合、1日に最大8件会議を入れられます。この時点で活動量は2倍になります。そして、移動コストとビデオ会議システムの利用料金を比べると、コスト圧縮率が導き出されます。計算すると、たいがいどの会社でもコスト削減になると思います。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://www.si-jirei.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事