logo

ビデオ会議の音声品質、今と昔、無料と有料

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「ビデオ会議の音声品質、今と昔、無料と有料」を公開しました。

###

コラムの第12回は「ビデオ会議の音声品質、今と昔、無料と有料」についてお話しします。

ビデオ会議の音声が悪いと思っている人はいませんか?

もちろん、現在に至っても全てのビデオ会議の音声品質が良いとは言いません。ただ、最新のビデオ会議システムを自社で所有し、しっかりとした技術力を持った業者がネットワークを設定すれば、遠くにいても、まるで近くにいるような音声品質で会議が低コストでできるような時代になっているのです。まるで息遣いさえも聞こえるほどです。

どのようなパターンのビデオ会議の音声がよくて、どのパターンが悪いのかを最後にご紹介しますが、最初に何故音声が劣化するかを説明します。そもそもアナログの電話とビデオ会議の通信方法が違います。アナログの電話は、1対1の糸電話のように、回線を一本割り当てるようなイメージで通信します。よって、音声がブチブチ切れたりしません。一方ビデオ会議は、音声を小さなデータの塊(以下、パケット)に分解して、いろいろなデータと一緒に相手に送信し、相手先でパケットを1つにつなぎ合わせて音声や画像を復元します。その時に、パケットが一つでも遅れて届くと、その時につなぎ合わせる作業が遅れ、音声や画像が途切れたり、品質が落ちるのです。

音声が綺麗になる条件は、回線が太いことと、そのパケット伝送効率が技術的に高いことです。近年、回線品質と音声や画像伝送の技術が飛躍的に向上したので、音声がクリアになったのです。ただ、技術が進化した今でも、品質が良くないものもありますので、その見極め方を簡単にお伝えします。

※注意:音声品質は、その時のシステム全体の利用者数や伝送量によってかなり変わってきます。

見極め方:
最新の技術を使ったシステムで、どれだけ回線を占有できるかが、音声品質の判断基準になります。よって、自社で最新のシステムを購入し、自社用に回線を割り当てることが最良の選択肢になります。

以下では、上記の観点から、ソリューションのカテゴリ毎に解説をいたします。

■無料のクラウドサービス
以前より音声や画像の品質が良くなっているのは事実ですが、どうしても多くの人が使う時間帯や、回線のどこかが遅いと、品質が劣化します。ビジネス用途としてはあまりお勧めできません。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://www.si-jirei.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事