logo

事例を通して学ぶ!無線LANの活用について(その2)

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「事例を通して学ぶ!無線LANの活用について(その2)」を公開しました。

###

はじめに
--------------------------------------------------------------------------------
さて、事例を通して学ぶ!シリーズの第2弾でございます。今回は、総合設備工事会社である株式会社きんでん様と協力して導入させていただきました、成田赤十字病院様の事例となります。Cisco Clean airという機能を用いたユニークな事例です。それでは、詳細を記載してまいります。

最近の病院の設備って?
--------------------------------------------------------------------------------
私自体、中学生の時分に交通事故にあってからこの方、入院というものをしたことがないので、実物を見て・経験しているわけではないのですが。。。
 
近年、病院では電子カルテやナースコール、各種画像データの転送等、より迅速で確実性の高い医療の実現の為にIT化が進んでいます。ネットワーク・電子デバイス、とりわけiPadをはじめとしたスマートデバイスの導入のスピードは著しいものがあるとのこと。
この、高度な医療活動を支えているのが無線LANになります。

病院で求められる無線LAN機能
--------------------------------------------------------------------------------
病院という環境下において無線に求められるもの。「安定してつながる」ことは当たり前の前提で、それ以上の要素が必要です。「安定してつながる」ことに関しては前々回の
「法人用無線LANにおけるCiscoSystems社製品の優位性-基本編」に記載いたしました。では、「それ以上の要素」ってなんでしょう?それは、、、「安定してつながる」ことを「阻害する要因を把握・回避することが可能」ということにほかなりません。これを実現するのがCiscoCleanAirなのです。
 
この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://www.si-jirei.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事