logo

大相撲力士嘉風雅継関が“熟睡寝具マニフレックス”のラグスポート本社を訪問

株式会社フラグスポート  2015年10月01日 18時35分
From Digital PR Platform


大相撲尾車部屋の嘉風雅継(33)が10月1日、イタリア生まれの熟睡寝具「マニフレックス」(株式会社フラグスポート代表取締役社長:山根崇裕、東京都港区)を訪れ、東京両国国技館で開催された9月場所の結果をご報告くださいました。嘉風関は9月場所で3場所連続二桁勝利となる11勝4敗の成績を収められ、「殊勲賞」と「技能賞」をWで受賞されました。この白星11個の内の7個は、優勝した横綱 鶴竜関を含む、横綱2人、大関2人、関脇2人、小結1人からあげたもので、今回で二度目の横綱2人・大関2人の撃破は、史上初の快挙でもありました。嘉風関は9月場所を振り返って「結果、気持ち、内容、全てが充実していて、15日間満足いく相撲がとれました。前半戦で横綱・大関に勝った後も、守りの気持ちで安易に引いたりせずに、前へでる積極的な自分の相撲の形が常に出せた事が良い結果に結びついたと思います。来場所は地元・九州という事もありますし、またみなさんに喜んでもらえるような相撲をとりたいです。」と語られました。また嘉風関からは、7月名古屋場所での敢闘賞に続き、今回の殊勲賞・技能賞のトロフィーと賞状も「マニフレックス」ショールームに展示して欲しいとのお申し出がありました。有難くお預かりしたトロフィーと賞状は、現在「マニフレックス」大阪ショールームに展示中の敢闘賞のトロフィー・賞状とともに、今後全国の「マニフレックス」ショールームなどで順次展示される予定になっています。

【嘉風関のコメント】
長く腰痛で困っていましたが、「マニフレックス」の寝具に出会ってから、毎晩しっかり熟睡できるようになって、体調・コンディション調整がとてもしやすくなりました。その「マニフレックス」の素晴らしさを、口で伝えるのではなくて、自分が活躍する事で、結果で証明できた事は本当に嬉しいです。
3場所連続で二桁勝利の成績を残せていますが、これが一時的な勢いではなく、実力が伴っているからだと、みなさんに認めてもらえるように、九州場所でも「マニフレックス」を持ち込んで、しっかりと内容と結果にこだわって頑張りたいと思います。

以前から自身でマニフレックス製品を購入して愛用されていた嘉風関ですが、昨年2014年夏にフラグスポート社と正式にアドバイザリー契約を締結。フラグスポート社
からは、この時に、イタリアマニフレックス社がデザインし京都の名工が手掛けた記念の化粧まわしも贈呈されています。ここまで3場所連続二桁勝利、三役がほぼ確実視されています11月の九州場所でも、その活躍が大いに期待されます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。