logo

Laccure(R) Pessaryが生活の質の低下による隠れた健康問題である細菌性膣炎を抱える女性のニーズに対応

Laccure AB 2015年10月01日 14時14分
From 共同通信PRワイヤー

Laccure(R) Pessaryが生活の質の低下による隠れた健康問題である細菌性膣炎を抱える女性のニーズに対応

AsiaNet 61960

【ヘルシングボリ(スウェーデン)2015年10月1日PRニュースワイヤー】

新たな非処方箋薬のLaccure(R) Pessaryは、毎年3億人の女性が菌性膣炎(BV)を抱え、満たされていないニーズに対応した、効果的、安全で使いやすい画期的な女性のための健康製品です。

(ロゴ: リンク )
(写真: リンク )


米国、英国、ドイツで2660人の女性を対象としたWebベースでの調査結果によると、最も顕著な症状として臭いがするおりものがあるBVは、日常生活に影響を与える一般的な隠れた健康問題であり、しばしば当惑、罪悪感、屈辱といった感情に関連があると示しています。女性の56%が年に一回または数回この問題を繰り返しており、24%が任意の治療を求めていませんでした。しばしば望まれていた製品関連の改善点は、投与の頻度の低い、スミアのない製品でした。


10月4日~9日にカナダのバンクーバーで開催される世界産婦人科学会(リンク )に参加する最高経営責任者(CEO)のジャネット・ロバートソン (Jeanette Robertsson) 博士は「Laccure(R) PessaryはOTC市場でかなりの商業的可能性を示しており、発売される準備ができています。我々は女性のニーズを満たしているケアと治療を提供していることを保証するために、効率的な事業化のためのリソースとなるパートナーを見つけることを目指しています」と述べました。


細菌性膣炎は、妊娠可能年齢の女性で最も一般的な膣感染症です。現在、使いやすい、低頻度で投与することができる、効果的かつ安全な製品が不足しています。 BVは膣内細菌叢の不均衡を特徴とし、膣の酸性度の低下、顕著な悪臭のするおりもの、通常の乳酸菌の成長の阻害などの症状があります。頻繁な再発が一般的です。


Laccure(R) Pessaryは膣内の高いpHを低下させるために、数日間にわたって乳酸を放出する独自の物質に基づいて、特許を取得した新製品です。開発作業は、挿入しやすく、非常に効果的な、使いやすい非スミア製品を生み出すことに焦点を当てています。
女性の80%がBVの単回投与後にBVは不要となったことが臨床試験で実証されています。
(リンク ). 

Laccure(R) PessaryはBVを治療するために一度また、再発を防止するために月に一度だけ投与する必要がある、CEマーキング付のクラスIIa 医療機器です。現在、EU / EES国の市場で導入する準備ができています。


Laccure ABはP.U.L.S.のプロジェクト会社です。
(リンク )および( リンク )をご参照ください。

ソース:Laccure AB


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。