logo

シャンドン、マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ・ワン(TM)チームの新たな公式パートナーに決定

シャンドン 2015年10月01日 11時17分
From 共同通信PRワイヤー

シャンドン、マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ・ワン(TM)チームの新たな公式パートナーに決定

AsiaNet 62006

ロンドン、2015年10月1日/PRNewswire/ --

シャンドン(Chandon)社は本日、大いに期待される新たなパートナーシップを、マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ・ワン(McLaren Honda Formula 1)チームとの間で締結したと発表しました。F1史上最も成功しているチームの1つ、マクラーレンが、限りない挑戦精神を持つ生命力溢れるスパークリング・ワイン、シャンドンと手を結びます。このパートナーシップは、シャンドンの寛容な精神や、同社が重んじる「生きる喜び(joie de vivre)」や、人生に対する大らかなアプローチなどを完璧に体現しています。

マルチメディアのニュースリリースは:
リンク

全世界における長期的な協力関係となる今回のパートナーシップは、かの有名なマクラーレン・ホンダのF1チームへ、シャンドンの煌めく(sparkling)価値観をもたらします。

パートナーシップは、本日、英国サリー州ウォーキングにあるマクラーレン・テクノロジー・センター(McLaren Technology Centre)で正式に締結され、モエ・ヘネシー(Moet Hennessy)の会長兼CEO、クリストフ・ナバール(Christophe Navarre)氏と、マクラーレン・テクノロジー・グループ(McLaren Technology Group)の会長兼CEO、ロン・デニス(Ron Dennis)氏が調印しました。

シャンドンとマクラーレン・ホンダF1チーム:業界を代表する2社が長期的協力関係を締結
F1レースはスリルに満ちた国際的なスペクタクルです。マクラーレン・ホンダF1チームの情熱と、同チームの伝説的な優勝者達は長きにわたってその中心を占めてきました。

2015年F1シーズンの開始にあたってマクラーレンとホンダは、パートナーとしてレース・トラックへ戻りました。このパートナーシップはモータースポーツの歴史上、最も強力であったペアを再び結びつけました。1988年から1992年にかけてマクラーレンとホンダは、世界選手権で8回、グランプリで44回の優勝を飾り、ポールポジションを53回獲得し、最速ラップを30回記録しました。これらを全て、わずか80回のグランプリで達成したのです。

「このスポーツの国際的なステージに立ってきた多くのチャンピオン達をはじめとする大勢の努力こそが、マクラーレン・ホンダF1チームの物語を特徴づけています。一瞬のチャンスをつかみ、常に新たな挑戦を歓迎するチームです。」と、クリストフ・ナバール氏はコメントしています。「マクラーレン・ホンダF1チームと組むことはシャンドンにとってこの上ない喜びです。今回のパートナーシップは、世界中で私たちのファンを一堂に集め、この結びつきの深みを楽しんでもらうことを可能にする、非常に豊かな新しい機会です。」

ロン・デニス氏は次のようにコメントしています。「モエ・ヘネシーが、シャンドンを通してマクラーレン・ホンダのチームと手を結び、ユニークな長期的パートナーシップを結ぶ決意をしたのは、実に素晴らしいことです。シャンドンとマクラーレンは、あらゆる活動において革新をもたらすことに情熱を抱き、ユニークなスタイルやアプローチを持つという点で共通しており、両者の相性は素晴らしいものです。高名なモエ・ヘネシーのブランド・ラインの中でも最もアイコニックなブランドの一つ、シャンドンとパートナー関係を結べることは、マクラーレン・ホンダの全員にとって非常に大きな名誉です。」

シャンドン社はこのような、優れた、実り多い出会いを呼び込む、寛容と協力の精神を礎に築かれました。著名なワイン専門家であったルノー・ポワリエ(Renaud Poirier)は、スパークリング・ワインの製造に最も適した土壌を求めて、世界へ探求の旅に出ました。彼は最初、1959年にアルゼンチンのメンドーザに到着し、同地のワイン醸造家達と協力して、フランスのワイン造りのノウハウを現地に適用しました。この多様な寛容性と、他とは異なる方法を受け入れるおおらかさが、新たな特筆すべき現地産スパークリング・ワインの数々へと結実しました。それから55年が経過した今日、シャンドンはアルゼンチン(1959)、米国(1973)、ブラジル(1973)、オーストラリア(1986)、インド(2013)、中国(2014)に葡萄農園を所有しています。信頼と尊敬を集めるブランド、シャンドンのワインは世界中で楽しまれています。

シャンドンとマクラーレン
時間、そして最新のテクノロジーの価値を理解することにかけて、マクラーレンとシャンドンの右に出るものはありません!比類無いレース・カーとマクラーレンが一体になって、シャンドンの場合はワイン造りのノウハウと、ワイン造りの完成を目指した世界中での探求というかたちでー両者はともに挑戦精神と、申し分のないイノベーションに立脚しています。

困難なレースの後、良い一日の終わりーどのような時でも祝い、楽しみ、くつろぐ理由はあるものです!シャンドンは、人生、そして人生が隠し持つ数々の美しい機会に寛容であることで生まれる様々な瞬間に祝杯をあげるのに最適な、煌めく一杯です。

シャンドンとマクラーレン・ホンダは、世界で最も国際的な都市の数々に展開しています。F1は5大陸の19ヵ国以上で開催されており、シャンドンは6ヵ国でワインを製造し、そのワインは5大陸で販売されています。

シャンドンについて
LVMHグループの一員であるモエ・ヘネシーの中でもシャンドンは、最もアイコニックなブランドの一つです。生き生きとしたカジュアルかつシックな新感覚のスパークリング・ワイン、シャンドンは、のびのびとした大らかな精神、そして真の絆をつくり出したいとの望みに拠って立ち上げられました。シャンドンはフランスの伝統的なワイン造りのノウハウを地元の製造技術に適用しており、今日では世界中に6箇所のワイナリーを所有しています。アルゼンチン、米国、ブラジル、オーストラリア、インド、中国にあるこれらのワイナリーはいずれも、シャンドンが、同ブランドのスパークリング・ワインを製造するのに最も適した土壌を求めて世界中を旅した結果です。

マクラーレン・ホンダF1チームについて
マクラーレン・チームは1963年に、ニュージーランドのレース・ドライバー、ブルース・マクラーレン(Bruce McLaren)によって設立されました。マクラーレンは世界選手権で20回、グランプリで180回以上優勝しています。マクラーレンは現在、F1で最も成功を収めているチームの1つとして、また世界で最も輝かしいハイテク・ブランドの1つとして世界的に知られています。

マクラーレン・ホンダとシャンドンは、2016年のF1シーズンよりパートナーシップを開始します。


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。