logo

JMOOCにて、学習院女子大学「日本のきもの -歴史と今-」の受講受付を開始

株式会社ネットラーニング 2015年09月30日 15時00分
From PR TIMES

JMOOC公認のプラットフォーム「OpenLearning, Japan」(ネットラーニング提供・運営)において、本日より、学習院女子大学「日本のきもの -歴史と今-」の受講受付を開始



JMOOC[※1]公認のプラットフォーム「OpenLearning, Japan[※2]」において、本日より、学習院女子大学 福島 雅子 准教授による「日本のきもの -歴史と今-」の受講受付を開始いたします。

日本の文化を象徴する存在として、海外でも広く認識されている「きもの」。しかし、その起源や本質を理解している人は多くないと思われます。本講座では、現代にも連綿と引き継がれている日本の民族衣装としての「きもの」に視座を据え、その歴史と今について学んでいきます。重要文化財となっている大変貴重な「きもの」や、現代社会で活躍する「きもの」の作り手についてもご紹介します。どなたも無料で受講いただけます。

■対象となる受講者
世代・性別・国籍を問わず、日本の「きもの」について興味をお持ちの方。前提知識は不要です。

■本講座を制作した背景と目的
2020年の東京オリンピックを控え、「世界の中の日本」が注目される中、私たちは自国の文化を世界の人々に伝えられるほど十分に理解しているのでしょうか。
「きもの」は日本を象徴する文化として、世界で広く知られていますが、皆さんは「きもの」についてどんなことをご存知でしょうか。
おそらく、多くの人は一生の内に数えるほどしか着ない「きもの」について、深く知る機会はないと思われます。しかし、その華やかさ、凛々しさには誰しもが心を奪われ、憧れを抱きます。「きもの」は、これまでの日本の歴史や文化、当時の流行や技術が幾重にも折り重なり、現在につながっているからこそ、私たちの心に深く響くのではないのでしょうか。
本講座では、「きもの」の歴史や背景となる文化、またその制作技法などを学び、「きもの」および日本文化の理解を深めることを目的としています。

■福島准教授のコメント「受講を検討されている皆さんへ」
現代の日本でも、「きもの」について詳しく知る機会はあまり多くはありません。2020年に開催される東京オリンピックを控え、日本の伝統文化を見直し、海外に向けても積極的に紹介していこうという動きが見られる今、改めて日本の「きもの」について学んでみてはいかがでしょう。
ぜひこの機会に、本講座で「きもの」への理解を深め、また、バラエティーに富んだ日本の「きもの」の魅力に触れていただきたいと思います。

■講座概要

[画像1: リンク ]

講座名: 日本のきもの -歴史と今-
講師: 学習院女子大学 福島 雅子 准教授
受講期間: 2015年11月4日~12月9日
受講料: 無料

講座内容の詳細については、以下のウェブページよりご覧いただけます。
講座案内: リンク
プロモーションビデオ: リンク

■ホームページのURL
JMOOCホームページ リンク
OpenLearning, Japanホームページ リンク

[※1] JMOOCについて
JMOOCは「Japan Massive Open Online Courses」の略で、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会の英語名です。2012年に米国を中心立ち上がったMOOC(ネット上でだれでも無料で受講できる大規模でオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービス)の日本版を普及・拡大するため、2013年10月に設立されました。

[※2] JMOOC公認プラットフォーム「OpenLearning, Japan」について
OpenLearning, JapanはJMOOCで3つ目の公認プラットフォームとして、2014年9月25日に開設されました。これまでに13大学と提携し10講座を開講、現在6講座を開講準備中です。eラーニング専業で国内最大手の株式会社ネットラーニング(代表取締役:岸田 徹、本社:東京都新宿区)が提供、運営しています。
[画像2: リンク ]


【報道関係者様お問合せ先】
一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会 事務局   TEL:03-3295-3555
株式会社ネットラーニング  高木 清、加藤 ゆい       TEL:03-5338-3011

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。