logo

TCLがタイムズスクエアのスクリーンでブランド認識向上の宣伝フィルムを上映

TCL Corporation 2015年09月30日 16時05分
From 共同通信PRワイヤー

TCLがタイムズスクエアのスクリーンでブランド認識向上の宣伝フィルムを上映

AsiaNet 61988 (1271)

【深セン(中国)2015年9月30日PR Newswire=共同通信JBN】9月、ニューヨークの有名なタイムズスクエアを訪れた人は、TCLのトムソン・リー・ドンシェン会長が広大な広場の上にあるスクリーンに登場し、製造産業で培った同社の34年の経験について語りかけるところを目撃した。会長は「忍耐と決意があったからこそ、われわれは中国経済のバックボーンになれた。将来、中国には世界的な技術イノベーションと成長機会の両方があると気付くだろう」と語った。

Photo - リンク
写真キャプション‐TCLはタイムズスクエアを見下ろすスクリーンに宣伝フィルムを上映しブランド認識を向上させる

中国企業の多くは好んでニューヨークのタイムズスクエアを見下ろす数々のスクリーンを使って、ブランドを向上させるショートフィルムを上映してきた。中国政府が2011年に同広場のスクリーン上で同国を宣伝する一連のショートフィルムを上映して以来、タイムズスクエアは中国を本拠とする大手企業の広報部門にとって必須の場所となった。中国の習近平国家首席は現在米国を訪問しているが、中国を本拠とする世界的なインテリジェント製品メーカーでインターネット・サービスを提供するグループのTCL Corporationは、タイムズスクエアのスクリーンに同社ブランドイメージ・フィルムを上映し、中国経済のバックボーンとしての役割を果たすビジョンを示すことによって、製造業におけるリーダーとして存続し続ける同社の決意を表明した。

TCLが同社ブランド宣伝のワールドプレミアの舞台としてニューヨークを選んだのは、同市が米国の金融首都であり世界の経済活動の中心であるばかりではなく、同社の国際的戦略目標と米国市場における同社の目覚しい活躍を紹介するためでもある。TCLは2004年、米国での市場チャンネル拡大のためにThomsonのカラーテレビ事業を買収した。TCLはこれに先立ち、米国を本拠とするeビジネスおよび家電企業と適切な提携を締結した。TCLとeビジネス大手企業Amazonは2011年に協力を開始したが、これは時間を経るにつれ、米国市場におけるTCLの戦略的地位の強化に寄与している。TCLは、消費者のオンラインショッピング動向を把握し、米企業ROKUと共同開発したスマートテレビ製品を2013年Amazonを通じて販売し始めた。その結果、TCL ROKUテレビは2014年に30万台以上が売れ、このテレビは米国で販売されたテレビブランドの中で7位になった。

マルチメディア事業に加え、TCLの通信事業も米国で成長している。TCL Communicationは2010年から地域オペレーターとして進出し、米国市場に根ざしている。同社はその後、米最大のキャリアAT&T、T-Mobile、Sprintと重要な提携を締結した。TCL Communicationはキャリア・チャンネル、オペレーション能力、製品での優位性によって、2014年以降は米国市場でのシェアが4位となった。

強力なパイオニア精神にあふれる中国企業の1つであるTCLは、1999年には最初のグローバリゼーションの取り組みに着手し、その後Schneiderのカラーテレビ事業、Thomsonのカラーテレビ事業、アルカテルの携帯電話事業の買収に加え、Palmブランドの使用権獲得に成功した。同社は初期の探査、移行期の合併・買収、安定成長という3つの発展過程を経たと考えている。同社は世界中に23の研究開発施設と21の製造施設、80以上の国・地域に販売オフィスを擁し、国外市場で生じた売上は2014年の決算で、総売上の47%(1000億元以上)に達した。

発展過程における30年間をみると、TCLが成し遂げたことを成就できた企業はほとんどない。中国の経済界を一変させた巨大な変動があったにもかかわらず、TCLは順調な国際拡大過程を経験し製造セクターでは引けを取らない。同社は製品製造と技術開発に重点を置き、世界的な評価を受ける革新的な製品をはじめ中国の創造性を世界に示す製品によって中国および世界の経済の発展に対処し、それを推進することを継続してきた。例えば、TCL H8800は量子ドットと曲面スクリーンという2つの主要なイノベーションを組み合わせたテレビで、最大のスクリーン曲率を備えたテレビ受像機が誕生した。またIDOL3スマートフォンは、耳を表裏いずれにかざしても応答できるスマートフォンである。China Star Optoelectronics Technologyなどの子会社は、中国企業が世界のLCDパネル市場で販売されている製品、製品製造の規格における指導的な立場を確立することに寄与した。

トムソン・リー・ドンシェン会長は「TCLの発展は中国の国内外の双方によってもたらされる。中国の経済的性格のとして、われわれは国産のイノベーションに投資し、国内成長を推進させることを目指すが、世界規模で発展するための新しい手段も見いだしていく。TCLは今後、当社の世界的な野望を実現するだけでなく中国経済の産業発展に貢献できる先駆的な企業の1つになりたいと希望している」と語った。

▽問い合わせ先
Marta Chen
TCL Media & Entertainment Co., Ltd
+86-755-33313868
chenxuejun@tcl.com

ソース:TCL Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。