logo

参画企業と育てる新しい建物管理会社「GMアソシエ」設立、10月1日より営業開始。

株式会社マリモ 2015年09月30日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月30日

株式会社マリモ

参画企業がともに育てる、
新しい建物管理会社「GMアソシエ」を設立し
10月1日より営業開始。

 株式会社マリモ(本社:広島市西区、代表取締役社長:深川 真)は、分譲マンションの建物管理会社「株式会社GMアソシエ(以下、GMアソシエ)」を設立し、10月1日より営業を開始いたします。GMアソシエは、複数の不動産開発会社が参画する、独立系の建物管理会社を志向しており、建物管理委託を希望する不動産開発企業の参画を募ることで、サービスの質ならびに事業規模の拡充を図ってまいります。

●建物管理会社の新発想。単独企業の子会社から、
 出資をはじめとする参画企業がともに育てる独立系の建物管理会社へ。

 分譲マンションの建物管理会社は、分譲マンションの事業主となる不動産開発会社が、単独で子会社化している事例が多く見られます。単独の不動産開発会社の子会社となっている建物管理会社は、親会社から安定した管理物件の供給を受けられる反面、親会社の業績によって、管理物件の受注が影響を受ける懸念があります。また、単独企業で建物管理事業を行うには、一定以上の事業規模と人員が必要となります。そこで、GMアソシエは、複数の不動産開発会社が参画する、独立系の建物管理会社を目指して、設立しております。

●参画企業を募ることで、管理物件を増やし、さらなるサービスの充実を図ります。

 今後の事業展開について、出資企業の分譲マンション事業における建物管理業務を受注することに留まらず、自社で建物管理会社を保有していない不動産開発会社の参画を募り、管理棟数のさらなる増加を目指します。管理物件の増加により、マンション管理業務に加えて、居住者・管理組合向け損害保険、居住者向け物品販売の斡旋等(居住者サービスの向上)も拡充させ、参画企業全体に対して、質の高い建物管理を提供してまいります。また、単独の不動産開発企業の子会社ではないことから、出資会社の業績に左右されず、独立した経営がなされますので、管理会社の変更等のリスクも軽減できるものと考えております。
営業初年度の管理棟数は12棟、管理戸数は812戸を予定しております。

●建物管理は「コミュニティ」から「アソシエーション」へ。

 GMアソシエのGMは、グランドマネジメント(Grand Management)の頭文字です。「マンションの建物管理を通じてコミュニティをつくる」ことから進化した、「コミュニティにいる人と共に街をつくる」ことを目指します。また、「アソシエ」は、フランス語で「人と人の共同(つながり)」を意味する言葉で、コミュニティにいる人々との連携を示しています。これは「複数の不動産開発会社が参画する、独立系の建物管理会社」という、これまでの枠に留まらない組織体制を目指していることを意味します。
 GMアソシエは、今後も、新しい企業の参画を募り、さらに高い付加価値の提供を追求します。

【株式会社GMアソシエ 会社概要】

・社  名 /株式会社GMアソシエ
・代  表 /代表取締役社長 深川 真
・設  立 /2015年6月12日
・資本比率 /マリモ85%
・資本金  /1,000万円
・所在地  /〒733-0821 広島県広島市西区庚午北1丁目17-23
・免許番号 /マンション管理業 国土交通大臣(1)074164号
・保険代理店/財務省 第20470003162
※ コーポレートサイトは、公開準備中です。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

株式会社マリモ 不動産開発本部
広告宣伝部内 広報担当 
TEL 082-272-5471(ダイヤルイン)

株式会社マリモ コーポレートサイト
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。