logo

ニュースアプリ「ウォンピック(Wanpick)」が2015年度グッドデザイン賞を受賞

株式会社オープンエイト 2015年09月30日 10時01分
From PR TIMES

この度、株式会社OPEN8(本社:東京都港区赤坂、代表取締役 高松雄康 以下、オープンエイト)で展開するアプリメディア事業のニュースアプリ「ウォンピック(Wanpick)」が2015年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
ウォンピック(Wanpick)は「世の中に溢れるニュースを整理し人々の情報ダイエットを実現する」をテーマにデザインに取り組んだ結果、特にインターフェイスに対する工夫が高く評価されました。弊社では今回の受賞を契機にウォンピック(Wanpick)の認知度向上を図るとともに、今後も一層「ニュースアプリの新しいかたち」を追求し、展開していきます。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



受賞作品 ウォンピック(Wanpick)の概要

■製品名称
ウォンピック(Wanpick)
■製品概要
本アプリは、インターネット上で人気のニュースを「ランキング形式」で配信し、今、話題の情報だけをまとめて読めるソーシャルニュースマガジンです。今までにないオシャレで誰でも使いやすいデザインと操作性が魅力です。
1.ソーシャルニュースランキング:インターネット上で話題の記事を1時間毎にランキング形式でリアルタイムに配信します。
2.高速スクロールバー「ストレッチピッカー」(特許出願中):記事を読む際に、びよ~んと伸ばしながら上下に素早く簡単に移動できます。
3.オリジナルキュレーションマガジン:検索エンジンで前日に急上昇した検索ワードについて詳しく記事化しています。
■企画背景
インターネット上で日々膨大な量のニュースが配信され、本当に必要な情報は埋もれてしまい、今世の中で何が話題なのか、自分で見つけることは難しい環境です。不必要な情報をカットし、「いま知っておくべき話題のニュースだけ提供したい」という想いのもと「ウォンピック(Wanpick)」を企画開発しました。
■審査員による評価ポイント
ニュースのコンテンツだけでなく、インターフェイスに対する工夫(ストレッチピッカー)が評価できる。情報を絞ること(効率性)も重要だが、情報の意外性を探求していくことが、今後必要となってくるだろう。同様のアプリも数多くある激選区ではあるが、だからこそ多様な発展に期待したい。
■グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ
リンク
■プロデューサー:高松 雄康
■ディレクター :高松 雄康
■デザイナー  :伊藤 江里
■ダウンロード関連
App Store:リンク
Wanpick HP:リンク
検索ワード急上昇まとめ:リンク

グッドデザイン賞受賞展「グッドデザインエキシビション2015(G展)」に出展
本年10月30日(金)から東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「グッドデザインエキシビション2015(G展)」会場で、ニュースアプリ「ウォンピック(Wanpick)」が本年度受賞デザインとして紹介されます。

グッドデザインエキシビション2015(G展)
■会期:10月30日(金)~11月4日(火)
■会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
リンク

グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで59年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は40,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。
リンク

■会社概要
社名    : 株式会社OPEN8
ホームページ: リンク
本社所在地 : 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル34階
設立    : 2015年4月10日
役員構成  : 代表取締役社長 兼 CEO (最高経営責任者) 高松雄康
取締役副社長 丸山拓
社外取締役 桶田 幸志
社外取締役 森田 正康
監査役 菅原 敬
事業内容  : スマートデバイスにおけるマーケティング事業およびメディア事業
※アプリの受託開発、協業などもお受け致しますので、お問合せください。

■本件に関する問合せ先
株式会社OPEN8 広報担当
TEL:03-5575-1288
e-mail:info@open8.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。