logo

第4回Global Travel E-commerce Conferenceが四川省の江堰市で開催される

四川省観光局 2015年09月30日 11時25分
From 共同通信PRワイヤー

第4回Global Travel E-commerce Conferenceが四川省の江堰市で開催される

AsiaNet 61978 (1264)

【成都(中国)2015年9月29日PR Newswire=共同通信JBN】第4回Global Travel E-commerce Conferenceが2015年9月21日から23日まで「Simplicity Powering Internet+(簡単さがインターネット+を動かす)」のテーマの下、四川省都江堰市で開催された。

Google、Facebook、Phocuswright、アゴダ、Travelzoo、百度(バイドゥ)、シートリップ、Tuniu、LY、Qunar、Alitrip、Lvmamaなど70社を超える有名インターネット旅行サイトや米国、アイルランド、ドイツ、スイス、インド、日本のネットワーク事業者の経営トップなど約400人が江堰市に参集し、道教が発祥した青城山の観光を楽しんだ。

Photo - リンク
写真キャプション:中国江堰市で開催された第4回Global Travel E-commerce Conference

この会議は成都市人民政府と四川省観光局が共催した。「インターネット+」と「ツーリズム+」を統合的に開発するための議論に焦点が当てられたが、これは過去3回の成功経験や、地元四川省の観光会社と内外の有名オンライン旅行代理店との間の不可欠な協力が「Young Leader Summit」や「One on One Trade Fair」などのイベントによって進んだことによるものである。

Facebookのアジア太平洋地区マーケティングサイエンス担当プリンシパル、リャオ・ミン博士、途牛(Tuniu)のユー・ドゥンデ最高経営責任者(CEO)、四川省観光局ハオ・カンリー局長が「Winning Ways of Socialized Media and Big Data Marketing(ソーシャルメディアやビッグデータ・マーケティングで勝利を収める方法)」、「Innovation Way of Online Travel and
"Internet + Tourism" or "Tourism + Internet"(オンライン・トラベルと「インターネット+ツーリズム」または「ツーリズム+インターネット」を革新する方法)」について基調講演した。

以下のゲスト各氏が異なるテーマで講演をした。チェン・ジェンハオ(中国Google副社長)、サイモン・ハウスビルト(クオニイ・トラベル戦略・ビジネス開発担当副社長)、ボビー・ヒーリー(CarTrawler最高技術責任者(CTO))、ロビン・ハリーズ(トリバゴ・アジア太平洋地区エンタープライズ開発担当社長)、ティム・ヒューズ(アゴダ・ビジネス開発担当副社長)、パロマ・メン(ホステルワールドアジア・チーフリプレゼンタティブ)、ジョウ・タオ(電子科技大学教授)、カルティック・ベンカタラマン(Ezeego One Travel and Toursビジネス開発担当社長)、メティン・アルトゥン(Met Global CEO)、ガウラブ・チリパル(QuadLabs CEO)、柴田啓(ベンチャーリパブリックCEO)、ソン・ハイクワン(ロウ中市文化観光局局長)、その他世界の旅行代理店代表、有名企業CEO、観光当局代表。

ソース:Tourism Administration of Sichuan Province

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。