logo

NSW、IoTサービス事業者向けマネタイズ支援を開始 ~IoTプラットフォーム「Toami」とオラクル課金管理サービスを連携し、マネタイズ機能を提供~

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、オラクルの提供する課金管理ソリューション「Oracle Communications Billing & Revenue Management」とNSWのIoTクラウドプラットフォーム「Toami」を連携し、IoTサービスにおけるマネタイズ機能の提供を本日より開始します。

IoT化が進む中、製造業や農業などの様々な業界において、従来の“モノの売り切り型ビジネス”から、その後のメンテナンスやデータ分析などを含めた“サービス型ビジネス”へのシフトが始まっています。そこには課金管理(マネタイズ)の仕組みが不可欠で、IoTサービス事業者は独自に課金管理の仕組みを構築する必要がありました。

今回、通信業界向けの課金管理ソリューションである「Oracle Communications Billing & Revenue Management」を製造業や農業分野をはじめとするIoTサービス事業者向けに応用することで、「Toami」で管理するユーザ情報やセンサー・機器から収集した各種情報をもとに、アカウント管理やサービスの利用実績に応じた従量課金や段階課金などの課金管理、収益管理が行えるようになります。また、分析機能により、顧客との接点構築に向けた施策を立てることも可能です。

NSWは本サービスの提供と併せて、Toamiで収集した各種データを活用し、マネタイズに向けた分析やより最適なビジネスモデルのご提案など、エンタープライズIoTビジネスのトータルサポートを提供します。また、本サービスの導入支援から課金代行、IoTサービス全般の運用代行にも対応します。

なお、NSWは9月30日(水)~10月2日(金)に東京ビックサイトで開催される「IoT Japan 2015」(東4~6ホール ブース番号:10-53)において、「IoTマネタイズサービス」を紹介します。

■「Toami」(Powered by ThingWorx ※)について
IoTサービスを開発・構築するための専用プラットフォームです。収集したデータの見える化や機器制御をはじめ、データ分析などが行えます。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現しています。

■「Oracle Communications Billing & Revenue Management」について
リアルタイムでの従量課金、請求処理により、需要予測等に基づく収益管理を可能とする通信業界向けソリューションです。複雑かつ大容量データ処理を可能とし、時間やイベント、ダウンロード、トランザクションやボリューム単位など、測定可能な任意の指標を組み合わせてルールを設定・管理することで最適なマネタイズ管理を選択できるほか、利用期間に応じて料金を支払うサブスクリプション方式からレベニューシェアまで様々な課金方式を設定できます。
【関連リンク】
・IoTクラウドプラットフォームToami(リンク
・Oracle Billing and Revenue Management(リンク communications/communications-revenue-management-046791-ja.html)

※ ThingWorx (PTC IoTビジネス) について
PTC のIoT(モノのインターネット)事業であるThingWorx は、「モノがインターネットに接続されたコネクティッドな環境」において、アプリケーションの開発と実行を効率的に行うプラットフォームテクノロジーを提供しています。PTCのIoTテクノロジーポートフォリオの中心となるThingWorxは、接続性、デバイスクラウド、ビジネスロジック、ビッグデータ、データ解析、遠隔サービス等のアプリケーションを含む、世界初の完全なIoTプラットフォームを実現しています。この組み合わせは、企業が安全にアセットを接続し、すばやくアプリケーションを開発し、価値を生み出す新たなアプローチを切り開くことを可能にする、包括的なIoTテクノロジースタックを提供します。このテクノロジーを活用し、製造業、エネルギー、農業、輸送、政府関係機関等の幅広い市場における企業や機関が、すでにIoTの可能性を活かす取り組みを推進しています。 Webサイト: www.thingworx.com、www.ptc.com Twitter: @ThingWorx、@PTC

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。これらの実績を生かし、ITリソースを提供するだけでなく、監視・運用などのデータセンターソリューションや移行設計などのインテグレーションを含めた幅広いサポートを提供するクラウドコンピューティングサービスも実現しています。また、モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。詳細はリンクをご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部
M2M/IoTビジネス部
担当:大野
TEL:03-3770-0017
FAX:03-3770-0018
E-mail :m2m@list.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室IR広報担当:太田、河岸
TEL: 03-3770-4014
FAX: 03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。