logo

体内時計の老化 原因は脳内神経連絡の低下~メリハリのない光環境、加齢を加速~明治大学

明治大学 2015年09月30日 08時05分
From Digital PR Platform


明治大学農学部生命科学科動物生理学研究室の中村孝博専任講師らの研究グループが、加齢に伴う睡眠-覚醒リズムなどの体内時計機能低下の原因を突き止めた。齢をとると脳内の概日リズムを生み出す約2万個の神経細胞がバラバラに時を刻むようになることを発見。昼と夜でメリハリのついた光環境が体内時計機能の加齢変化を細胞レベルで抑えることがわかった。


 睡眠‐覚醒リズムなどに代表される概日リズムは、他の生理機能と同様に加齢の影響を受けることが知られている。例えば、ヒトが齢をとると早起きになったり、眠れなかったりするのはそのせいである。このような加齢変化は、概日リズムを生み出す体内時計の老化によって引き起こされると考えられている。しかしこれまで、体内時計の老化が引き起こされる主要因は明らかではなかった。

 中村専任講師らのグループは、高感度電子増倍型冷却CCDカメラを用い、微弱な化学発光を高解像で長期間記録するシステムを構築。そのシステムを用い、ほ乳類における体内時計中枢である脳・視床下部・視交叉上核(suprachiasmatic nucleus: SCN)における時計遺伝子の発現リズムを一細胞レベルで観察した。

 その結果、齢をとったマウス(20~24カ月齢)のSCN細胞のリズムにおいて、細胞一つ一つのリズムは若いマウス(3~5カ月齢)のものとほとんど変わらないが、SCN内でそのリズムはバラバラ(解離している)になっていることを発見した。この結果は、SCN細胞同士の神経連絡が低下していることを示している。

 さらに、これらの加齢変化はマウスの飼育箱の光条件を12時間明期:12時間暗期という通常の飼育環境で飼育したマウスでは小さく、一日中真っ暗な状態(恒常暗)で飼育したマウスでは、より大きな変化として観察された。これらのことは、メリハリのない光環境が体内時計の加齢をより加速させ、適切な光環境が体内時計機能の加齢変化を抑えることを細胞レベルで示している。

 加齢が体内時計に与える影響の作用点がわかったことで、これらの結果は、今後の老化および体内時計研究の発展に貢献するとともに、適切な光環境が睡眠‐覚醒リズムなどに代表されるヒトの概日リズムの加齢の防止に有効であることを示した。

 本研究成果は、日本学術振興会科学研究費補助金の助成によって得られたもので、北米神経科学会(Society for Neuroscience)オンラインジャーナル『eNeuro』(オンライン版8月27日付け:日本時間8月28日)に掲載された。

(詳細は添付ファイルをご確認ください)

▼研究、取材に関する問い合わせ
 明治大学農学部生命科学科 動物生理学研究室
 中村孝博 専任講師
 TEL: 044-934-7823(研究室)
 FAX: 044-934-7902
 Email: takahiro@meiji.ac.jp
 HP: リンク

▼本リリース発信元
 明治大学 広報課
 電話: 03-3296-4330
 Email: koho@mics.meiji.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。