logo

『Airウェイト』が「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞

2014年度の『Airレジ』に続き、業務支援サービスで2年連続受賞

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 淺野 健、以下リクルートライフスタイル) が運営する順番待ち管理アプリ『Airウェイト』は、 2015年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。




[画像1: リンク ]



【受賞作品『Airウェイト』概要】

■製品名称:『Airウェイト』


■プロデューサー:株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 渡瀬丈弘

■デザインディレクター:株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 新谷哲功

■デザイナー:株式会社リクルートコミュニケーションズ マーケティング局 萩原幸也
       株式会社レイハウオリ 企画制作部 馬庭尚子

■Webサイト: リンク

■製品概要:
『Airウェイト』は、iPadにアプリをインストールしプリンターと接続することで、お客様の来店受付から番号券の発券、入店までの案内がデジタル管理できるサービスです。また、単に待ち時間を緩和するだけでなく、番号券に周辺地域情報・クーポンを印刷することで待ち時間に周辺の魅力ある場所・飲食店への来場者を増やす取組みを世界遺産である富岡製糸場で実施するなど、地域活性への貢献も実現しております。

■グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
順番を待つストレスが存在する状況において,来客が必要とする情報を適切に提供できるサービスは秀逸である.派手なサービスではなく,安心感のある当たり前のサービスを提供する事が重要であり,丁寧な現場の分析が必要であったと想像される.デジタル社会においても人間がアナログである以上,アナログ機器,情報とのコラボレーションにも,その努力を垣間見ることができる.タブレットを中心に,お店,お客の両者が使用し易いシンプルなインタフェイスを備え,サービスの導入コストを抑えたシステム設計は高く評価したい.

[画像2: リンク ]



【グッドデザイン賞とは】


グッドデザイン賞は、様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、私たちのくらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。
その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来約60年にわたって実施されています。その対象はデザインのあらゆる領域にわたり、受賞数は毎年約1,200件、58年間で約42,000件に及んでいます。また、グッドデザイン賞を受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められます。「Gマーク」は創設以来半世紀以上にわたり、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。
[画像3: リンク ]



▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。