logo

CALMIEが「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞

株式会社初田製作所 2015年09月29日 13時30分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月29日

株式会社初田製作所

CALMIEが「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞

株式会社初田製作所のCALMIEが、このたび2015年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。CALMIEは使いやすさと安全性を追求しながら生活シーンに調和するデザインに取り組んだ結果、特に「迷いの無い操作性を実現し、中が見えることで安全性や安心感をもたらし、消火器を身近な存在とした点」として高く評価されました。当社では今回の受賞を契機にCALMIEの販売拡大を図るとともに、ものづくりにおけるデザインの活用を積極的に推進し、ブランドイメージの向上に務めてまいります
□ 製品名称:CALMIE(カルミエ)
□ 製品概要:カルミエは公共施設、空港、駅、競技場や民間のオフィスビル、マンションなどに設置できる
  一般的な消火器です。これまで金属製が当たりまえでしたが、透明樹脂を採用により
  ・軽く ・中身が見え ・ユニバーサルデザインを取り入れた 非常に使いやすい消火器となっております。
□ デザイナー:ティーバデザイン 藤田敬了 
□ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
いざという状況下で、消火器を迷いなく使いこなせる人は多くないのではないだろうか。その理由として、消火器は非常用設備であるがゆえに機能性が第一に求められ、器具そのもののユーザビリティという視点での進化や改善が遅れていた点があるように思う。 本提案は、透明樹脂製の蓄圧式消火器として世界で初めて開発された消火器である。持ってみると確かに軽く、女性やお年寄りにも扱いやすいものとなっていると感じた。「持つ」と「握る」という2つの役割を求められていた従来の二股レバーは造形的に一体化され、グリップとしての機能性を明確にしたことで、迷いの無い操作性を実現している。 また、中が見えることで安全性や安心感をもたらすだけでなく、従来の朱塗りの金属製消火器に感じる威圧感が払拭されており、良い意味で消火器を身近な存在とした点を評価したい。
□ グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。