logo

パブリッククラウドサービス「SOLTAGE」の提供を開始~西東京データセンターにクラウド基盤を構築~

キヤノンMJ 2015年09月29日 11時10分
From PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)
とキヤノンITソリューションズ株式会社(代表取締役社長:神森晶久、以下キヤノンITS)
は、西東京データセンターを基盤とするパブリッククラウドサービス「SOLTAGE」の提供
を2015年9月30日より開始します。既存のプライベートクラウドやホスティングサービス、
Amazon Web Services(以下AWS)などの他社クラウドを「SOLTAGE」と連携させ、お客さ
まに適したシステム基盤の設計や構築サービスを提供していきます。



[画像1: リンク ]



クラウド市場は2018年度には1兆8000億円を超えると予測され、新規システム構築時にク
ラウドの活用を検討する企業は8割に増加するなど、「クラウドファースト」の流れが急速
に進んでいます。クラウド基盤は、企業の基幹系や情報系のシステムや開発環境の構築に
加え、ビッグデータの解析や新規ビジネスの立ち上げなど事業の成長を支えるシステム構
築基盤として活用され、利用目的やニーズが多様化しています。そのため、クラウド基盤
の機能や性能だけでなく、開発の容易性、パフォーマンス、料金体系、セキュリティ、デ
ータセンターのロケーションなどを目的にあわせて選択し、最適な基盤の構築を要望する
企業が増えています。

このたびキヤノンITSはこうしたニーズに対応し、従来のプライベートクラウドやホステ
ィングサービスに加え、パブリッククラウドサービス「SOLTAGE」の提供を開始します。
本サービスは、国内でも最高水準のティア4レベルの「西東京データセンター」にシステ
ムを構築することで、安心かつ安定したクラウドサービスを実現しています。さらに、セ
キュアで安全なシステム環境の構築のため、キヤノンITSが2003年より国内総販売代理店と
して提供するウイルス対策ソフト「ESET」を標準装備し、二重化した可用性の高いネット
ワーク、24時間監視・運用代行など、高品質なサービスを低価格で提供します。

また、お客さまの幅広いニーズに対応するためサービスラインナップも充実しました。
プライベートクラウドや企業のオンプレミスとパブリッククラウドを柔軟に組み合わせた
ハイブリッドクラウドの構築をはじめ、オンプレミスからの移行やAWSを活用したサービス
を提供します。クラウドコンサルティングを通じて、お客さまのニーズや目的、投資効果などを多角的に判断し、お客さまに適したシステム基盤の設計や構築を行います。

キヤノンITSは、これまでエンタープライズシステムの開発やデータセンターにおける24時間365日のシステム運用などで、システムライフサイクルの各フェーズで技術力を培ってきました。また、キヤノンMJグループの基幹系・情報系システムや顧客企業向けのクラウドサービスの安定稼働を実現してきたノウハウを活用することで、「SOLTAGE」の提供に加えお客さまのシステムライフサイクル全般をトータルでサポートします。
一方、キヤノンMJは、中小企業から大企業を対象とする広範な販売網を生かしパブリッククラウドサービス「SOLTAGE」を拡販していきます。また、グループ企業のキヤノンシステムアンドサポート株式会社は、従来の中小企業向けにサービスを提供してきたHaaSサービスを、新基盤「SOLTAGE」上で展開することでクラウドサービスを強化していきます。

●サービス名/サービス内容
パブリッククラウドサービス「SOLTAGE」
クラウドサービス基本パッケージ  
 ◆パッケージ構成
  仮想サーバー(CPU:2vCPU、メモリ:4GB、HDD:50GB)、
  仮想サーバーウイルス対策ソフト、インターネット接続回線、ファイアーウォール、
 ※オプションメニューにて、拡張可能
●価格(税別)
 オープンプライス    
●発売日
 9月30日
※パブリッククラウド「SOLTAGE」は、仮想サーバーを1台単位で提供するサービスとなり、CPU、メモリ、ハードディスクを利用者の用途にあった容量にて提供します。
※提供OS:CentOS、Windows Server、Redhat Enterprise Linuxの何れかを選択。


■ パブリッククラウド「SOLTAGE」の主な特長
インターネット接続回線・ネットワーク機器・仮想サーバーをサービスとして提供します。
1. ウイルス対策を重視し、仮想サーバーにウイルス対策ソフト「ESET File Security for
Linux / Windows Server」を標準装備。
その他、IPS(侵入防止システム)・IDS(不正アクセス監視システム/侵入検知システ
ム)は、個別案件として対応可能。
2. パブリッククラウドとしても、プライベートクラウドとしても利用可能
3. ティア4 レベルのファシリティを備えた西東京データセンターへ設置
4. 西東京データセンター内のハウジングサービス、物理ホスティングサービス環境と
構内接続 によるハイブリッド提供が可能
5. ストレージのインターフェースとしてFC-SAN を採用し、パフォーマンス低下を抑制

<主な想定ニーズ>
1. クラウドサービスを利用したいが、データの保存場所に不安がある。
西東京データセンターというリージョン固定のメリット
2. システム構築にあたり資産は持ちたくないが、クラウドサービスには懸念がある。
パブリック+プライベートクラウド環境のハイブリッドな構築も可能
3. 自社サーバー室からのアウトソースにあたり、一部機能でクラウドサービスを利
用したい。
ハウジング+クラウドサービスの利用が可能
4. AWS も利用したい。また、AWS と連携可能なクラウドサービスを利用したい。
西東京DC 内に設置されたキャリア光アクセス装置を使用して、インターネット
を経由しないキャリア閉域網経由で、キャリアが提供するAmazon Direct
Connect 接続サービスの利用が可能。
5. IT 部門の要員・スキルが不足しており、ベンダーに極力任せたい。
導入支援、構築から運用までワンストップサービスで対応。

[画像2: リンク ]


● 一般の方のお問い合わせ先:キヤノンITソリューションズ株式会社 ITサービスマネジメント事業部
03-6741-9431
●プレスリリース
リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。