logo

BARC Indiaがインド最大のUniverse Estimation調査をニールセンに委託

Broadcast Audience Research Council 2015年09月29日 11時53分
From 共同通信PRワイヤー

BARC Indiaがインド最大のUniverse Estimation調査をニールセンに委託

AsiaNet 61962(1257)

【ムンバイ2015年9月29日PR Newswire=共同通信JBN】放送局、広告代理店、広告主で構成するテレビ格付け企業のBroadcast Audience Research Council of India(BARC India)は29日、テレビ受像機所有と視聴習慣に関してインド最大のUniverse Estimation調査を行う代理店としてニールセン(Nielsen)を任命した。

Logo: リンク

今回の調査は、同国のテレビ受像機所有世帯の数と構成に関する深い理解に加え、業界の通貨である時間経過に伴う数の最新情報をマーケティング業界に提供し、世帯当たりのテレビ受像機数、視聴者、視聴習慣などの問題に対処する。調査はインドにおけるテレビ格付けを測定する堅ろうで拡大した調査回答者を提供することに焦点をあて、小都市や地方のテレビ受像機所有世帯のデータも収集する。調査はテレビ視聴者測定に加え、テレビ受像機などの線形媒体、およびスマートフォン、タブレット、PCなどのデジタルメディアによるコンテンツ視聴のパラダイム変化についても記録する。

ニールセンは厳密な選定プロセスを経て選ばれ、メディアの環境および課題について優れた理解、斬新なテクノロジーとプロセスの使用に基づいて契約が発注された。ニールセンは調査の中で、30万世帯のサンプル規模をカバーし、その結果の1回目は2016年はじめにBARCがリリースする。今回は間違いなく最大の調査となる。今回使用されるテクノロジーによって調査結果の判明は迅速になり、データがリリース時点で古くなることはない。

調査は革新的なデジタルを中心にしたテクノロジーを使い実施される。コンピューターを利用した調査、GPSテクノロジー、OTPを使った電話番号検証などのツールと方法が採用され、調査プロセスの効率化向上を図り、初めから終わりまでのプロセスにおける精度と透明性を向上させる。

BARC Indiaのパルト・ダスグプタ最高経営責任者(CEO)は「この先駆的な調査は業界が現在直面する多くの問題への対処を支援し、マーケターおよび広告主にとってのハンドブックになるとともに、テレビ視聴測定における調査回答者の拡大も支援する。厳選されたこの方法は調査時間を短縮し、従来の方法に比べて迅速に調査結果が明らかになる」と語った。

ニールセン・インディアのマネジングディレクター、プラシャント・シン氏は「ニールセンが誇る大規模なインフラストラクチャー、高品質な処理、データ収集の最新テクノロジー、世界クラス標準は理想的な組み合わせに役立ち、今回の調査が記録的な時間で完了することを保証する」と語った。

▽報道関係問い合わせ先
Seema Singh
seema.singh@barcindia.co.in
+91-9702333354

ソース:Broadcast Audience Research Council

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。