logo

女子美術大学付属高等学校の生徒の作品が「第15回全国高等学校ファッションデザイン選手権」で優勝

大学プレスセンター 2015年09月29日 08時05分
From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

女子美術大学付属高等学校(東京都杉並区)3年生の池田安李さん、木下まこさんの作品「Reflet(ルフレ)」が、8月23日に行われた「第15回全国高等学校ファッションデザイン選手権(通称:ファッション甲子園)」で優勝を果たした。今年度は全国3283点の応募があり、最終審査会には35チームが出場。また最終審査会に過去10回以上出場した学校として「15回記念特別賞」も受賞した。


 このたび、8月23日に青森県弘前市で開催されたファッション甲子園において、女子美術大学付属高等学校3年の池田安李さん、木下まこさんの作品「Reflet(ルフレ)」が見事に優勝を果たした。Reflet(ルフレ)とはフランス語で輝きという意味。花の持つ女性的なイメージから、上半身の花で女性の美しさや輝きを表現し、スカートのフリルで女の子らしい可愛らしさを取り入れた。靴はバレエのトウシューズをイメージしたハイヒールになっている。

 今年度は全国3283点の応募があり、最終審査会には26都道府県34校35チームが出場。同校は第1回大会から出場し、過去3回優勝している。また過去10回以上出場した学校として「15回記念特別賞」も受賞した。

◆出場詳細
東京都代表 私立女子美術大学付属高等学校
作品テーマ : Reflet
チーム員 : 池田 安李(3年)、木下 まこ(3年)
モデル : 木下 まこ
デザイン画制作 : 池田 安李

 ファッション甲子園とは、ファッション甲子園実行委員会が主催しているもので、
(1)ファッションを創造的にデザインする能力を滋養し、家庭科教育の一層の充実を図る。
(2)高校生の夢の創造と21世紀のファッションを切り拓く新しい人材を育成する。
(3)より高いレベルで競い合う場を提供する。
(4)仲間同士で作品を制作することの難しさや楽しさを経験することにより、人間形成を図る。
(5)教師を含め1つのチームとすることで、教師と生徒の対話が生まれ、相互理解が図られる。
の5つを目的に開催している。

▼本件に関する問い合わせ先
女子美術大学付属高等学校・中学校
〒166-8538 東京都杉並区和田1-49-8
TEL: 03-5340-4541


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。