logo

日本のフィルム・ノワール最高峰としてファンを魅了し続ける名作の続編!映画『GONIN サーガ』監督・脚本 石井 隆氏 インタビュー

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナーにて、映画『GONIN サーガ』の監督・脚本を務める石井 隆氏のインタビューを行いました。




バイオレンス・エンタテインメントの傑作として、国内のみならず海外でも高い評価をうける1995年公開の映画『GONIN』が19年の時を経て、続編『GONIN サーガ』として戻ってまいりました。豪華キャストの共演や、俳優を引退していた根津 甚八氏の大復活劇など、早い段階で話題を集めていた同シリーズの生みの親である石井氏が今作に込めた熱い想いや、映画監督をめざした少年時代から数々の傑作を残すに至るまでの軌跡を辿ったインタビューとなっております。

▼インタビューはこちらをご覧ください。
リンク


■ 石井 隆氏 プロフィール
[画像1: リンク ]

1946年7月11日生まれ、宮城県出身。映画監督を目指して早稲田大学映画研究会に入るために早大商学部に入学、在学中に監督助手のバイトでダイニチの現場で映画を体験するも、諸般の事情で断念、卒業後、劇画家デビュー。『天使のはらわた』(77)が大ヒットし、78年から日活ロマンポルノにてシリーズ映画化され、原作者・脚本家として映画の現場に舞い戻り、88年、『天使のはらわた 赤い眩暈』で監督デビュー。大竹しのぶ、永瀬正敏、室田日出男出演『死んでもいい』(92)では、第33回テッサロニキ国際映画祭最優秀監督賞受賞、第10回トリノ国際映画祭審査員特別賞など国内外映画賞多数受賞、『ヌードの夜』(93)ではサンダンス・フィルム・フェスティバル・イン・トーキョー'94グランプリなどを受賞、国内は勿論、海外での評価も非常に高い。主な映画監督作品に『夜がまた来る』(94)、『GONIN』(95)、『黒の天使 シリーズ』(98・99)、『フリーズ・ミー』(00)、『花と蛇』(04)、『人が人を愛することのどうしようもなさ』(07)、『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』(10)など。13年には『フィギュアなあなた』、『甘い鞭』2本を監督し、『GONINサーガ』が最新作となる。

■ 作品情報
『GONIN サーガ』
9月26日(土)TOHOシネマズ 新宿他、全国ロードショー

[画像2: リンク ]

東出昌大 桐谷健太 土屋アンナ 柄本 佑 安藤政信
テリー伊藤 井上晴美 りりィ 福島リラ 松本若菜
菅田 俊 井坂俊哉 / 根津甚八
鶴見辰吾 / 佐藤浩市(友情出演) / 竹中直人

監督・脚本:石井 隆
劇中歌:「紅い花」 歌:ちあきなおみ
「ラスト・ワルツ」 歌:森田童子

エグゼクティブ・プロデューサー:井上伸一郎
企画:菊池 剛 加茂克也
プロデューサー:二宮直彦 阿知波 孝
撮影:佐々木原保志(JSC)山本圭昭
照明:祷 宮信 美術:鈴木隆之 録音:郡 弘道 音楽:安川午朗
ラインプロデューサー:小橋孝裕 キャスティング:東 快彦

助監督:日暮英典 制作担当:高見明夫
製作:KADOKAWA ポニーキャニオン
電通 ファムファタル ソニーPCL
制作プロダクション:ファムファタル

配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

■オフィシャルサイト
リンク


==================================
【この件に関するお問い合わせ】
株式式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 TEL:03-4550-0008

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。