logo

9秒に1人が予想する株アプリ『あすかぶ!』、累計100万予想を突破!

株式会社Finatext 2015年09月28日 10時30分
From PR TIMES

名実ともに日本最大の株コミュニティへ

Fintechベンチャーの株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役:林良太、以下「Finatext」)は、日本一予想数の集まる株コミュニティアプリ『あすかぶ!』において、累計予想数が100万を突破したことをお知らせいたします。



Fintechベンチャーの株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役:林良太、以下「Finatext」)は、日本一予想数の集まる株コミュニティアプリ『あすかぶ!』において、累計予想数が100万を突破したことをお知らせいたします。

『あすかぶ!』は独自のアルゴリズムによって1日1つ選ばれる話題株の、明日の株価の上下を予想しながら、株について語り合える株コミュニティアプリです。1日における株の予想数は日本一を誇り、サービス開始から10ヶ月強で累計予想数は100万に達しました。

また、Finatextは2015年10月に『あすかぶ!』のユーザーを集め、サービス開始1周年を記念したイベントを実施いたします。当イベントは申し込み開始から3日で定員に達するなど大変人気を博しており、今後『あすかぶ!』において、ユーザー数、予想数、コメント数をさらに伸ばし、日本最大の株コミュニティにしてまいります。
[画像: リンク ]



◆『あすかぶ!』について(リンク
『あすかぶ!』は、 独自のアルゴリズムによって1日1つ選ばれる話題株についての、「あす」 の「かぶ」価の上下を予想しながら株について語り合うことのできる株コミュニティアプリです。日本最大級のアクティブユーザー数とコメント数、そして1日に集まる株予想数は日本一を誇り、2015年6月に行われたマレーシア最大手銀行のMaybank主催のFintechピッチコンテストにおいてアジア200社以上の中から日本で唯一選出され、優勝に選ばれています。

◆株式会社Finatextについて
2014年設立の東京に本拠を置くFintechスタートアップ。金融機関主体の従来の垂直型な金融取引の枠組みに対し、ユーザー・コミュニティ主体の新しい枠組みを形成することに挑戦しています。モバイルに特化した金融サービスをメインの事業とし、日本一株予想の集まるアプリ『あすかぶ!』を開発・運営。東京大学経済学部出身者グループが母体で、ロンドンでの投資銀行業務経験者、経済学博士、東京大学教養学部講師、証券アナリスト講師など多彩なメンバーで新しい金融ビジネスに取り組んでいます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。