logo

亜細亜大学 都市創造学部、コミックス・ウェーブ・フィルムが手掛けたプロモーションムービーを公開!

亜細亜大学 都市創造学部 2015年09月25日 17時20分
From PR TIMES

亜細亜大学都市創造学部 プロモーションムービー「マレーシア編」YouTubeにて公開中 リンク



亜細亜大学(東京都武蔵野市/学長・池島政広)は学園創立75周年を迎える2016年、都市創造学部を新設いたします。本学部では、さまざまな価値観を持った学生たちが「シティサイエンス」で将来の世界やアジアそして日本の都市について生活者の視点で学び、熱く語り合える場を創出してまいります。

新しく創設される都市創造学部をより分かりやすく知っていただくため、プロモーションムービー「マレーシア編」をYouTubeにて公開しております。本ムービーを手掛けたのは、オリジナルテレビアニメーションシリーズ「ワールドフールニュース」などを制作したコミックス・ウェーブ・フィルム。監督はマシモユウが担当し、21世紀に入って急速に台頭してきたシティ・サイエンスという学問領域を学べる都市創造学部について、主人公の早川望(はやかわ・のぞみ)の目線を通じ、都市創造学部で学べることだけではなく、卒業後の将来像も含めて紹介いたします。

[画像1: リンク ]



<プロモーションムービー「マレーシア編」:ストーリー>
神奈川県の私立高校から亜細亜大都市創造学部に進学し、子供時代から建築や街並みに関心がある早川望(はやかわ・のぞみ)を主人公にストーリーがはじまります。桜が満開のキャンパス。「できたてほやほやの、この学部で何ができるんだろう?」というワクワクした気持ちを抱きながら亜細亜大学に新設された都市創造学部に入学した望。「都市ソリューション論」、「基礎ゼミナール(都市景観)」などの講義を通じて、住む人が幸せになる街づくりへの興味がどんどん深まっていきます。カリキュラムに組まれている約半年の留学を経て、社会人となった望はマレーシアでのショッピングモール立ち上げのプロジェクトに携わることに。都市創造学部での経験により、グローバルで活躍できる人材として育まれていくことを描いています。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]






<制作スタッフ紹介>
■監督:マシモユウ
1986 年群馬県前橋市生まれ アニメーション作家。
多摩美術大学卒業後、ゲーム制作会社に入社し、アニメーションの制作を担当。
退社後、フリーランスで、CM やミュージックビデオ、オリジナル作品などを制作する。

■音楽: yuma

<都市創造学部オープンキャンパス情報>
■日時:2015年9月27日(日)
説明会・体験授業は10:00~2号館200教室の全体説明後、2号館 3階 237教室(予定)

〈スケジュール〉
・10:20~11:00
学部・学科説明会 伊藤善夫 教授

・11:05~11:55
体験授業 後藤康浩 教授(日本経済新聞社編集局編集委員)
経済ジャーナリストが、世界の都市の経済、文化、街づくり、企業などを紹介し、
グローバルな都市間競争の時代とそこで活躍する人材に求められる条件を考える。
『都市の未来を拓く~街、産業、コンテンツの持つ力~』

・12:00~12:20
入試ポイント説明 伊藤善夫 教授

・13:00~13:40
学部・学科説明会 伊藤善夫 教授

・13:45~14:35
体験授業 岡村和久新任教授(元:日本IBM スマーターシティ事業部部長)
“スマートシティ”で世界に通用する日本の第一人者が講義する!
『スマートシティ:世界の都市から”まち”としてのディズニーランドプロジェクトまで』
世界中で多くの政府から企業、そして大学や若者が巨大な潮流を作っている。
“都市としてのディズニーランド”など“スマートシティ”の世界を映像も入れながらわかりやすく説明。

・14:40~15:00
入試ポイント説明 伊藤善夫 教授

※詳しくは、亜細亜大学都市創造学部のホームページをご覧下さい。
URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。