logo

創価大学が2017年3月に男女国際学生寮をオープン -- 寮内で異文化交流を推進

創価大学 2015年09月25日 08時05分
From Digital PR Platform


創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)は、外国人留学生と日本人学生が共同で生活する、国際学生寮をキャンパス構内(東京都八王子市)に新設する。それに伴い、9月8日に男子国際学生寮(定員400名)の起工式を行った。新国際学生寮のオープンは2017年3月の予定。


 創価大学が採択された文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」の構想では、2023年にむけて、日本人学生の海外留学(短期含む)を現在の約900名からほぼ全学生に広げることや、外国人留学生の受け入れを現在の4倍にあたる1,215名(全学生の約15%)すること、「平和・世界市民教育研究科(仮称)」設置など、多様性溢れるキャンパスの構築を掲げている。

 男子国際学生寮は、同大の開学当初から運営している滝山寮(男子寮)の老朽化に伴い、創立45周年記念事業の一環として建設するもの。

 なお、女子国際学生寮(定員144名)は、今年(2015年)12月から着工予定で、外国人留学生の受け入れを充実・発展させていく計画。多様性を育む環境を寮内に提供し、世界市民を育成していく場とする。 

◆男子国際学生寮 基本情報
【所在地】 東京都八王子市丹木町1-236(創価大学構内)
【建 物】
 地上7階(西棟7階・東棟6階)、地下1階建の鉄筋コンクリート造
 ・地震対策として免振ゴム装置64基を完備
【収容人数】 8人を1ユニットとして、400人を収容
【施 設】
・ユニット内に交流リビング
・各階に台所機能を持ったラウンジ、シャワールームやランドリースペース
・地下1階に食堂・多目的室・浴室・ブラウジングルーム

●創価大学HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 創価大学企画室企画広報課
 TEL: 042-691-9442
 E-mail: publicrelation@soka.ac.jp
 創価大学が採択された文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」の構想では、2023年にむけて、日本人学生の海外留学(短期含む)を現在の約900名からほぼ全学生に広げることや、外国人留学生の受け入れを現在の4倍にあたる1,215名(全学生の約15%)すること、「平和・世界市民教育研究科(仮称)」設置など、多様性溢れるキャンパスの構築を掲げている。
 男子国際学生寮は、同大の開学当初から運営している滝山寮(男子寮)の老朽化に伴い、創立45周年記念事業の一環として建設するもの。
 なお、女子国際学生寮(定員144名)は、今年(2015年)12月から着工予定で、外国人留学生の受け入れを充実・発展させていく計画。多様性を育む環境を寮内に提供し、世界市民を育成していく場とする。 
◆男子国際学生寮 基本情報
【所在地】 東京都八王子市丹木町1-236(創価大学構内)
【建 物】
 地上7階(西棟7階・東棟6階)、地下1階建の鉄筋コンクリート造
 ・地震対策として免振ゴム装置64基を完備
【収容人数】 8人を1ユニットとして、400人を収容
【施 設】
・ユニット内に交流リビング
・各階に台所機能を持ったラウンジ、シャワールームやランドリースペース
・地下1階に食堂・多目的室・浴室・ブラウジングルーム
●創価大学HP
 リンク
▼本件に関する問い合わせ先
 創価大学企画室企画広報課
 TEL: 042-691-9442
 E-mail: publicrelation@soka.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。