logo

Dessoがクレイドル・トゥ・クレイドル・ゴールド認証を獲得

Desso 2015年09月24日 16時57分
From 共同通信PRワイヤー

Dessoがクレイドル・トゥ・クレイドル・ゴールド認証を獲得

AsiaNet 61917(1228)

【ワールワイク(オランダ)2015年9月24日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界で初めてクレイドル・トゥ・クレイドル(Cradle to Cradle、C2C)ゴールドレベル認証を受けたカーペットタイル・メーカー

Tarkett Groupの事業部門の1つでカーペット製造大手のDessoはこのほど、カーペットタイル・メーカーとして初めて新製品ランアップの1つでクレイドル・トゥ・クレイドル(R)ゴールドレベル認証を獲得し、クレイドル・トゥ・クレイドル(R)認証獲得に向けた全社的な取り組みの中で初めての大きな一歩を刻んだ。ゴールド認証はC2C原則に基づいた循環型経済への移行を目標としてきた同社の7年にわたる苦心と努力のたまものである。認証を受けた新ラインアップは2015年10月からすべての市場で発売される予定になっている。

(Photo: リンク

この「ゴールド・コレクション」製品には標準仕様としてEcoBase(TM)が下地に使われているが、これには地元の飲料水企業から入手し、再設計でアップサイクルした炭酸カルシウム(チョーク)が含まれており、この材料はDesso自身の製造工程で100%リサイクルが可能になっている。さらに、同コレクションに使われているECONYL(R)はDESSOのRefinity(R)工場で処理された使用済みの糸廃物を含め、回収された屑材から作られた100%再生ナイロンである。

同社ゴールド・コレクション製品の特長は以下の通り。

*材料がすべてC2C によってプラス評価(注1)
*100%再生糸ECONYL(R)
*平均80%がリサイクル可能材料
*平均52%がリサイクルされたコンテンツ
*極めて低レベルの揮発性有機化合物(VOC 、注3)
*LEED v4(注4)ポイントに貢献

Dessoはこのゴールド認証を達成するにあたって、クレイドル・トゥ・クレイドル認証(TM)製品規格に定められた広範にわたる厳しい環境およびヒトの健康上の基準を満たさねばならなかった。これは技術革新の1つの枠組みともいえるもので、「目的を持ったデザイン」は完全にビジネスとしての意味を成し、さらに環境やヒトの健康にプラスの影響を与えることを示している。この認証を行うのは米国にある独立系のプロダクト・イノベーション・インスティテュートである。このコレクションとは別に、Dessoの商用カーペットタイルのラインアップの93%はクレイドル・トゥ・クレイドル(R)のブロンズまたはシルバー・レベルの認証を受けているが、認証の違いは下地のタイプによるものだ。

Dessoは2008年以来、クレイドル・トゥ・クレイドル(R)の原則に基づいて循環型経済への道を歩んできた。この原則は再生可能エネルギーによって力を得ているクローズド・ループ・システムの進化の中で、メーカーが製品を作るにあたって1つの製品のライフサイクルより長いライフサイクルを持つように設計することを可能にする。このように、われわれが取り組む主要な世界的課題の中で循環型経済が助けになるのは資源不足、毒性、気候変動だ。循環型経済は自然にならった再生モデルとして、伝統的な直線型システム「取る、作る、捨てる」の代わりになる。

最近の調査(注5)によれば、循環型経済は材料の流れをよりスマートに管理することを通じて地球規模で年間1兆ドルもの金額の節約になる。

Dessoはドイツの化学者マイケル・ブラウンガート博士と米建築家ウィリアム・マクドナー氏が提唱した哲学であるクレイドル・トゥ・クレイドル(R)規格を通じて循環型経済に移行することにコミットしている。C2Cは企業に対してヒトの健康に良い材料、効果的なリサイクリング・システムとプロセス、より良い水質管理、社会的公正、再生可能エネルギーを追求するよう求めている。

DessoマネジングディレクターとTarkettの欧州・中東・アフリカ地域カーペット担当副社長を兼任するローランド・ヨンコフ氏は「当社の人間および株主のビジョンと努力が相まって当社の循環型経済へのジャーニーの中で重要な段階に到達できたことを喜んでいる。このことと並んで、C2C企業になるための行程で必要になった技術革新は当社がビジネス上の成功を収めることにも貢献し続けている。このことは強力な企業の社会的責任の目標に裏打ちされたビジネス戦略はビジネスの成功を下支えしてくれることを示している」と語った。

▽Desso(R)について
Tarkettの一事業部門であるDessoはカーペット、カーペットタイル、スポーツ競技場ビジネス大手で、100カ国以上で活動している。同社の製品は企業、教育、ヘルスケア、政府、家庭、さらにホテル、クルーズ運営企業、航空会社、一流サッカークラブへ供給されている。Dessoのミッションは、屋内環境を向上させるユニークな製品を開発し、人々の健康と福祉を極大化する一助になることである。これを推進するのは独創力、機能性とクレイドル・トゥ・クレイドル(R)設計の3本柱に基づいた同社の革新プログラムで、再生的な循環型経済への移行を下支えするものになっている。詳しい情報はウェブサイト(リンク )を参照。

▽Tarkettについて
Tarkettは床材とスポーツ・サーフェスのための革新的で持続可能なソリューションで世界をリードしている。同グループはビニール、リノリウム、カーペット、ゴム、木材・合板製品、人工芝および競走路を含む幅広い製品を提供しており、世界100カ国以上で顧客にサービスを提供している。Tarkettは1万2000人の従業員と34の産業用地を擁し、病院、学校、住宅、ホテル、事務所、店舗、スポーツ競技場向けに、毎日130万平方メートルの床材を販売している。同グループは持続可能な開発にコミットしており、環境技術革新戦略を実践するとともに循環型経済を促進している。Tarkettが2014年に上げた24億ユーロの売り上げは欧州、北米、さらにCIS諸国、アジア・太平洋地区、中南米を含む地域の間でバランスが取れている。Tarkettはユーロネクスト・パリ(コンパートメントA、株式略称:TKTT、ISIN: FR0004188670)に上場されている。リンク

(注1)プラス評価:すべての材料成分がクレイドル・トゥ・クレイドル(R)評価基準の「グリーン(optimal:最良)」または「イエロー(tolerable:悪くない)」に分類されている。クレイドル・トゥ・クレイドル(R)CertifiedCM製品規格3.1版に準拠。

(注2)クレイドル・トゥ・クレイドル認証(TM)製品規格準拠

(注3)クレイドル・トゥ・クレイドル認証(TM)製品規格準拠。この規格は以下を規定している。総揮発性有機化合物(TVOC)<0.5mg/m3でなければならない。個々の揮発性有機化合物(VOC)<(0.01)×(許容濃度(TLV)または職業暴露限界(MAK)値の低い方)。使われた期間は7日間。

(注4)リンク

(注5)Towards the circular economy, volumes 1-3, Ellen MacArthur Foundation/McKinsey

ウェブサイト:リンク
リンク

ソース:Desso

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。