logo

娘の彼氏に恐れられ続けたあの梅宮辰夫がついに結婚を認めた!? 結婚の挨拶をされている最中、まさかの変顔!? とにかく遅い梅宮

KDDI株式会社 2015年09月24日 10時00分 [ KDDI株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

通信速度がもたらす2つのストーリーの違いに注目! auなら「ダブル」で速い!スーパー快適ネットワーク -「本気で演技したのに、なぜか周囲で笑いが起きました」と梅宮さんもコメント-

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下 KDDI)は、「スーパー快適」な通信速度の魅力を表現したWeb動画を9月24日(木)より公開します。
動画には俳優の梅宮辰夫さんが「結婚の挨拶」や「相撲の取組」シーンに登場し、それぞれのシーンで通信速度が速い場合と遅い場合でストーリーが展開されていきます。遅い場合のストーリーでは、あたかもスマホの通信速度が遅い時にWeb上の映像が止まってしまうように、動画が急に止まることで、思わず目を塞ぎたくなるような、まさかの展開が繰り広げられていきます。ぜひ2つの超緊張シーンでの通信速度がもたらすストーリーの違いをお楽しみください。



■とにかく遅い梅宮URL:リンク
[動画: リンク ]



[画像1: リンク ]



「結婚ご挨拶篇」では、梅宮さん演じる厳格な父親の元に、娘の彼氏が結婚の挨拶に訪れ、通信速度が速い時はスムーズに挨拶が進むものの、通信速度が遅い時は父親が白目の状態や妻の胸を触ったかのような状態で動画が止まってしまい、超緊張の結婚の挨拶シーンが台無しになってしまいます。

「相撲篇」では、梅宮さん演じる親方らの前で、力士による相撲の取組が行われ、通信速度が速い時は力士が激しくぶつかり合い、客席も大盛り上がりを見せるものの、通信速度が遅い時は力士同士がキスしたり、胸を触ったりした状態で動画が止まってしまい、相撲の取組が全て台無しになってしまいます。
----------------------------------------------------------------------------
■動画概要
----------------------------------------------------------------------------
・タイトル:とにかく遅い梅宮
・公開日:2015年9月24日(木)
・URL:リンク

■結婚ご挨拶篇
数々の娘の彼氏に恐れられ続けた梅宮さんが演じるいかにも厳格そうな父親の元に、娘とその彼氏が結婚の挨拶に訪れるシーンを描いています。
通信速度が速い場合では、さすが名俳優だと見とれてしまう程の迫真の演技の中、よくドラマで見るような結婚の挨拶が順調に行われます。しかし、次の通信速度が遅い場合では、父親が迫真の演技中に白目の状態で動画が止まってしまい、結婚の挨拶に来た男性は唖然。憤った父が興奮のあまり咳き込むシーンでは、心配した妻を払いのけた手が胸を触ったかのようなシーンで止まってしまい、男性はつい耐えきれず父親と母親の二人を見てしまいます。その後も重要なシーンで動画が止まってしまい、父が結婚を承認した言葉も男性には聞こえず、若い二人が幸せに向かって最初の一歩を踏み出す大事な結婚の挨拶が全く違った結末を迎えることになってしまいます。

<通信速度が速い場合 動画カット表>
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

<通信速度が遅い場合 動画カット表>
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

■相撲篇
梅宮さんが演じる厳しそうな親方や大勢の観客の前で、2人の力士が大一番の取組を行うシーンを描いています。
通信速度が速い場合では、2人の力士が土俵で激しくぶつかり合い一進一退の名勝負を繰り広げ、大歓声の中、大盛り上がりの取組が行われます。しかし、次の通信速度が遅い場合では、2人の力士が激しくぶつかり合うものの、一瞬キスをしてしまった状態で動画が止まってしまい、客席も目を背けてしまいます。その後も激しく押し合う中で胸を触った状態で止まったり、勝負終盤の攻防で再びキスの状態で止まったりするなど、これには客席も茫然とし盛り上がらないだけでなく、思わず勝負審判役の親方である梅宮さんも物言いをする結果になってしまいます。

<通信速度が速い場合 動画カット表>
[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

<通信速度が遅い場合 動画カット表>
[画像8: リンク ]



[画像9: リンク ]

----------------------------------------------------------------------------
■出演者
----------------------------------------------------------------------------
[画像10: リンク ]

梅宮辰夫
1938年3月11日生まれ。
昭和34年、映画「少年探偵団・敵は原子潜航艇」でデビュー。
以後、俳優として主演スターの道を歩み活躍。
近年はバラエティー番組にも出演し、若い層にも「辰っちゃん」「辰兄」として親しまれるなど、幅広い層に親しまれ知名度は抜群。
妻はクラウディア・ヴィクトリア。娘はモデル・タレントの梅宮アンナ。
■ブログURL:リンク

梅宮さんコメント
「映画のワンシーンを撮影するくらいの気持ちで演技に望みました。ただ、そんな私の演技を見ながらなぜか周りのスタッフがクスクス笑っている声が聞こえてくる不思議な現場となりました。そのくらい面白い動画となっているようなので是非ご覧ください。」

■梅宮さんを起用した理由
今回、結婚の挨拶のシーンを撮影するにあたって、日本一結婚の許可をだしそうにない父親像で一番に思いつく役者さんとして梅宮辰夫さんに出演の依頼をしました。

----------------------------------------------------------------------------
■撮影エピソード
----------------------------------------------------------------------------
緊張感のある撮影現場において、梅宮辰夫さんをはじめとした役者さんによる手に汗握る演技が繰り広げられました。結果として想像した以上の変顔が撮影できてしまったため、梅宮辰夫さんのモニター確認のたびに、スタッフ一同肝を冷やす撮影となりました。

----------------------------------------------------------------------------
■auのネットワークについて
----------------------------------------------------------------------------
4G LTEとWiMAX2+ともにキャリアアグリゲーションに対応し、速くて「スーパー快適」なauの通信速度の魅力をお伝えすることを目的としてこの動画は制作されました。
■関連サイト:リンク

----------------------------------------------------------------------------
■スタッフリスト
----------------------------------------------------------------------------
CD 博報堂ケトル 大木 秀晃
PL 博報堂ケトル 笹原 与法立
AD 博報堂 伊藤 裕平
Pr ロックンロール・ジャパン 湯川 篤毅
Pr ロックンロール・ジャパン 関根 健
Pr RKB映画社 水田 憲二
PM フリー 金山 典彦
Dir RKB映画社 諌山 徹二
Camera  フリー 横須賀 辰徳
Light フリー 本田 基憲
Stylist フリー 岡嵜 祐子
HairMake フリー 夏秋 由美子

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。