logo

大妻学院が創立者大妻コタカの出身地・広島県世羅町を応援 -- 「ふるさと納税」制度を利用、学食に特産品メニューも

大妻女子大学 2015年09月24日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人大妻学院(花村邦昭理事長)では、創立者・大妻コタカの出身地で生家が残る広島県世羅町(旧甲山町)を応援するための活動に取り組んでいる。例えば、同大の教職員は「世羅町ふるさと納税」制度を使って寄附を行っているほか、同大千代田キャンパスの学生食堂「kotacafe(コタカフェ)」では、世羅の米を使った冷麺やまぜそばを販売するといった間接的な支援も行っている。


 大妻コタカ(1884 - 1970)は2002年、これまで取り組んできた女子教育や世羅町の子女育成などの功績が顕彰され、同町の名誉町民に。毎年、世羅町立甲山中学校では修学旅行の際、同大千代田キャンパスを訪れるなどの交流が続いている。

 大妻コタカの生家は、広島県旧甲山町(現世羅町)久恵(くえ)地区にあったが、1959年三川ダム建設に伴い、現在の神農湖畔に移築された。現在は食事処「久恵風穴の里 ごもくめし」として利用され、店内には大妻コタカの資料コーナーも設けるとともに、定期的に音楽コンサートを開くといった活用もされている。

(参考)
・創立者大妻コタカの出身地・広島県世羅町を応援しています
 リンク
・町の大先輩を訪ねて 広島・甲山中の生徒ら来校
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 大妻女子大学 広報戦略室
 東京都千代田区三番町12
 TEL: 03-5275-6159
 FAX: 03-5275-6098

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。