logo

Evideraが医療関係データソース解析支援のソフトウエアプラットフォームEvalyticaを発表

Evidera 2015年09月22日 16時05分
From 共同通信PRワイヤー

Evideraが医療関係データソース解析支援のソフトウエアプラットフォームEvalyticaを発表

Asianet 61871 (1207)

【ベセスダ(米メリーランド州)2015年9月21日PR Newswire=共同通信JBN】ヘルスケア業界向けの証拠に基づくソリューションの有力プロバイダーであるEvidera(リンク )は21日、クレーム、電子医療記録、登録データなど事実上すべてのタイプのリアルワールドデータソースに関するほぼリアルタイムの解析をサポートするよう設計された新しいソフトウエアプラットフォーム、Evalytica(TM)を発表した。Evalytica(TM)は標準的なデータフォーマットと公表された分析法を利用して、発表あるいは提案に使われる透明性と成果を提供する。

Logo - リンク

Evideraのジョン・ウィリアムズ社長兼最高経営責任者(CEO)は「Evalytica(TM)は、ツールが製品の安全性と有効性の証拠を作成、やりとりするのを可能にするテクノロジーのリーダーとしてのEvideraにとって、新しい領域を示す。米食品医薬品局(FDA)の(安全性に関する)センチネル計画、Observational Medical Outcomes Partnership(OMOP)、Observational Health Data Sciences and Informatics(OHDSI)などのイニシチブからおこった医薬品の安全性解析に対するリアルワールドの証拠に増える集中は、Evalytica(TM)をますます重要なツールにする」と語った。

Evalytica(TM)はあらかじめ内蔵された解析アプリの増大するリポジトリーを含み、医薬品安全性、疫学、医療経済、比較効果などの分野とともに広範な解析能力およびカスタム化された解析アプリ開発向けプログラミング・インターフェースを提供する。ユーザーと分析コミュニティーにわたる管理、検索、共有、再利用可能な患者コホートと健康上の転帰の定義に関するライブラリーなどコラボレーション機能は、治療分野、医薬製品あるいは研究プロジェクトなどの共通の関心のある分野に基づくコラボレーションと共有を育成する。

Evalytica(TM)は業界パイオニアチームによって設計され、これまでのリアルワールド解析テクノロジーの強みの上に構築され、これまでの弱みにも対処する。Evideraのステファニー・ライジンガー副社長(テクノロジー・ソリューション担当)は「ライフサイエンス業界の最も信頼されている研究チームの1つを当てにすることができることは、われわれがEvalytica(TM)を開発する際の大きな利点である。Evalytica(TM)は、ユーザーがデータベースの選択、コホート定義、解析方法論、結果の解釈あるいは解析に関連するほかのどのような質問にも助けとなるEvideraの科学者と直接つながるオプションを提供する」と語った。

Evalytica(TM)のデモ日程あるいは詳しい情報についてはwww.evalytica.comを参照。

▽Evideraについて
EvideraはSymphony Technology Group(リンク )の全額出資子会社で、健康経済、治療結果研究、市場アクセス、データ分析、疫学サービスを世界のライフサイエンス組織に提供している。詳しい情報はwww.evidera.comを参照。

▽メディア問い合わせ先
Susan Potter Couch
Director, Marketing & Communications
Susan.Couch@evidera.com
Tel. +1-681-252-3342

ソース:Evidera

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。