logo

HandyCaseがiPhoneやiPadを透明化 そのSDKを開発者に公開

HandScape Inc. 2015年09月18日 14時24分
From 共同通信PRワイヤー

HandyCaseがiPhoneやiPadを透明化 そのSDKを開発者に公開

AsiaNet 61857 (1201)

【シリコンバレー(米カリフォルニア州)2015年9月18日PR Newswire=共同通信JBN】HandScapeはこのほど、Kickstarter(リンク )でiPhone(リンク )、iPad(リンク )向けのHandyCase(TM)(シースルー技術)を公開した。この複数の特許を持つ人間工学に基づいた技術によって、ユーザーはスクリーンを通して自らの手を見ながら、バックパネルからモバイル機器を操作することができる。

Video - リンク
Video - リンク

Video -
リンク

Photo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク

HandScapeは18日、透明技術によってスクリーン上のオブジェクトを操作できる驚きを実体験してもらうために、すべてのゲーム開発者にSDK(無料)を公開した。このSDKは現在、Cocos2d、Cocos3d、Unity3dのゲームエンジンをサポートする。詳細は以下をクリック。リンク

HandScapeは1週間前にKickstarterに公開されて以来、これまでに70%の支持を受け、KrowdfundのTop 10 List(リンク )入りした。HandScapeは、ゲーム、マップなど次世代アプリケーションと片手ないしは両手で操作することを可能にする。この技術は、iPhone 6、iPhone 6s、iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plus、iPad Mini、iPad Air 2、iPad Proで動作する。HandyCaseは20時間のバッテリー寿命があり、Bluetooth LEを通じて無線接続する。

2013年に創設され複数の特許があるこの透明技術は、今後は多様な統合の可能性を秘めている。この画期的な技術はモバイルゲーム・アプリケーションのほかに、自動車のコンソール、ブックリーダー、カメラアプリ、マップなどにも応用できる。

HandScapeは2015年のStartup 21 Competition in Silicon Valleyで2位になり、フォーブスには2015年に「CESで旋風を巻き起こした中国のスタートアップ」の1社として紹介された。2014年、CESはHandScapeを「Top 10 Most Interesting Things」として選んだ。HandScapeの技術は、CNET(リンク )やEngadget(リンク )など多数の紹介記事で報じられた。詳細は、当社ウェブサイトのニュースルーム(リンク )を参照。

シリコンバレーを本拠とする優れたエンジニアがHandyCaseを開発した。HandScapeは欧米のトップクラスのデザイン企業の助言を求め、ハイテク・コンシューマーが期待する人間工学に基づくスマートなデザインに仕上がっている。

HandScapeの創設者兼最高技術責任者(CTO)であるトン・ルオ博士は「モバイル環境の複雑な問題を解決できたことを誇りに思う。われわれの技術は実用的であり、あらゆる照明条件でも動作し、エネルギー効率に優れている。それは破壊的なイノベーションであり、現在のモバイル・インタラクション業界のパラダイムを一変することになる」と語った。

同社はKickstarterキャンペーン資金を使って、製品デザインの向上、ハードウエア、ビッグゲーム・アプリケーションやキーボード・アプリケーションなどのソフトウエア開発に投資する。

この有望なKickstarterキャンペーンに参加するには@HandScapeIncでツイートするか、Facebook(リンク )でフォローを。タッチ・レボリューションへの参加に関心があれば、電子メール(contact@handscape.com )で連絡を。

ソース:HandScape Inc.

▽問い合わせ先
+1-510-676-5258、
contact@handscape.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。