logo

RWEがIoT向け新通信ソリューションをリリースへ

RWE Effizienz GmbH 2015年09月18日 14時17分
From 共同通信PRワイヤー

RWEがIoT向け新通信ソリューションをリリースへ

AsiaNet 61850 (1200)

【ドルトムント(ドイツ)2015年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*デバイスが直接交信できる通信プロトコル
*トランスポート層から独立しているソリューション
*現在、将来とも高度なセキュリティーと柔軟性

クロスレファレンス:写真はAP Images(リンク )およびリンク から入手できる。

RWEは、インターネット・オブ・シングス(IoT)が抱える課題を解決する通信プロトコル「Lemonbeat(レモンビート)」を開発した。ソリューションの中核となる共通語「Lemonbeat Smart Device Language」は、最もシンプルなデバイスで利用できるほどコンパクトではあるが、複雑な機械装置にも使えるように拡張できる。

(Logo: リンク
(Photo: リンク

広く採用されると、インターネット内のすべてがリンク可能になり、同じロジックで機能するようになる。RWE Effizienzのマネジングディレクター、ディートリッヒ・ゲンメル氏は「このデバイス間の共通性増大がIoT業界のイノベーションを飛躍的に加速すると確信する」と語った。Lemonbeatを全面的に使用するか、あるいはLemonbeat Smart Device LanguageをBluetoothやWLAN、Threadなどほかのプロトコルと組み合わせることができるかが、普及のカギになるとみられる。

このソリューションは、ホーム・オートメーション(HA)を通じて得られた経験から生まれたもので、現在はいくつかの製品でLemonbeatが採用されている。ゲンメル氏は「われわれはドイツの市場リーダーとして技術面の優位性を生かし、インターネット・オブ・シングスの全帯域幅にわたる共通の通信コンセプトを開発した」と語った。

最初に提供するのは、Lemonbeatの迅速な実装につながるソフトウエア用のチップとライセンスである。続いて、ほかの製品もリリースされる。

RWE Effizienz GmbHはエネルギー関連製品・サービスを提供することによって、顧客ができるかぎり効率的かつ安全な方法でエネルギーを利用できるよう支援する。革新的アプローチとRWE SmartHome、エレクトロ・モビリティー、最先端の電力貯蔵ソリューションなどの新製品によって、RWE Effizienzは基準を設定している。詳しい情報は以下参照。
リンク
リンク
リンク
リンク

▽問い合わせ先
RWE Effizienz GmbH
Harald Fletcher
Leiter Kommunikation
T +49-231-438-48-40
M +49-173-2904149
harald.fletcher@rwe.com

Julika Gang
T +49-231-438-22-48
M +49-172-236-1312
julika.gang@rwe.com

ソース:RWE Effizienz GmbH

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。