logo

mPOS導入を増やす決済業界 Aite GroupとMahindra Comvivaの調査が指摘

Mahindra Comviva 2015年09月17日 17時01分
From 共同通信PRワイヤー

mPOS導入を増やす決済業界 Aite GroupとMahindra Comvivaの調査が指摘

AsiaNet 61834 (1196)

【ニューデリー2015年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】モビリティーおよびモバイル・ファイナンシャル・ソリューションで世界をリードするプロバイダーMahindra Comviva(リンク )は、独立系の調査・顧問企業のAite Groupと協力し、モバイル・ポイントオブセールス(mPOS)の進展に関する調査をリリースした。この調査は小売店をはじめ大きな企業が顧客サービスを拡大、向上させるために使用するチャンネル向けの電子決済サービスとしてのmPOS受領方法の開発について、その出発点から検討を加えている。

 (Logo: リンク

この調査は決済業界で活躍するさまざまな大手組織と行ったインタビューの分析に基づいている。また調査には、業界におけるmPOS決済方法の進化と需要パターンを理解するため、主要な調査員が世界中で行った一次資料調査も含まれている。

調査でわかったことは、2018年には約30兆米ドル相当の売り上げのうちカードによる決済は2730億件に達するとみられることである。しかし、mPOSが伸びることに伴い、新しい支払い形式が出現する。その中には支払い受領方法に大きな柔軟性をもたらすNFC対応のモバイルデバイスがある。調査はmPOSで恩恵を受ける次世代のモバイルベース決済サービスに注目している。柔軟性が加味されたNFC機能は、次世代のモバイル決済受領端末の有力な特徴である。Aite Groupの調査は、非接触モバイル決済が2015年から2018年にかけ小売り決済の4%から5%に達し、2020年以降は決済件数が大幅に加速する可能性があると指摘している。

mPOS機能が進化することに伴い、ハードウエア販売も大幅に伸びた。大手ポイントオブセールス(POS)ベンダーとの聞き取り調査で、2014年のmPOSハードウエア総販売が約1000万台の機器に上ったことがわかった。

Mahindra Comvivaの上級副社長でモバイル・フィナンシャル・ソリューション責任者であるスリナバス・ニデュゴンディ氏は「日進月歩のデジタル経済では、モビリティーは不可欠なビジネスイネーブラーである。mPOSは小売店のビジネス改革を支援し、展開スピードと柔軟性を提供して、最終顧客との関係を変革することができる特注ソリューションを実現する。mPOSが決済ソリューションの発展に寄与し、今後は業界におけるモバイル決済の普及の道を開くと確信している」と語った。

Aite Groupの決済アナリストであるアンドルー・コープマン氏は「決済の世界では、これまでなかった変化のプロセスが始まっている。決済を中心に据える柔軟なソリューションを取り込んだ新しいビジネスモデルとパートナーシップが時代の流れではあるが、急速に変化する状況を切り抜けるために不可欠な要素はモビリティーである。それは顧客の便宜を図り、これまでよりも多種多様なロケーションで決済を受領できる能力である。mPOSはニッチなサービスから現代の商取引の主流へと変化している」と語った。

「The Evolution of mPOS: The Payments Industry in Flux(mPOSの進化:変遷する決済業界)」と題する調査の全文はMahindra Comvivaのウェブサイトリンク からダウンロードできる。

▽問い合わせ先
Sundeep Mehta
Global PR & Corporate Communications
Contact: +91-124-481-9000
Email: pr@mahindracomviva.com

ソース:Mahindra Comviva

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。