logo

内閣府後援「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」公式サポーター「H.I.S.クーポン」 自治体・観光施設発行の観光パンフレットの掲載開始!

電子化により、行政の課題を改善して地域活性化を促進

株式会社エイチ・アイ・エスは(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林 朗 以下 H.I.S.)は、内閣府後援「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」公式サポーターとして、2015年9月より、全国の自治体・観光施設が発行している観光パンフレットを「H.I.S.クーポン」サイト、アプリに掲載を開始いたします。



[画像1: リンク ]

 H.I.S.クーポンとは、国内の観光地・施設・空港など約3,500ヶ所が参画している、各施設が『人数限定、時間限定』のクーポンを発行できるクーポンサイトです。

 各自治体には、地域観光の魅力・名品を伝える観光パンフレットが用意されており、昨今の訪日旅行の増加で、外国人旅行者の目的地が全国へと広がり、多言語化されたより多くのパンフレットが観光案内所に並ぶようになりました。一方で、パンフレットは、観光地に訪れないと閲覧できないことや、パンフレットの費用対効果が見えにくいという課題もあります。

 今回観光パンフレットを電子化して集約することにより、事前に旅行者がスマートフォンなどで閲覧し、隠れた地域観光の魅力や名品の市場背景を知ることが可能となります。また、各自治体においては、閲覧者数の数値化を図ることで、パンフレットの設置の見直し部数調整も可能となり、印刷予算の見直しに繋がり、地方財政の経費削減と共に自然環境の保護にも貢献できると考えております。加えて、「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」公式サポーターであるH.I.S.クーポンのアプリ・サイトに掲載すれば「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」のロゴを一緒に紹介できるようになります。

[画像2: リンク ]

 H.I.S.では、パンフレットの取り組みに加え、地元の学生さんを起用し、その土地の観光地・観光施設の魅力そして新しいスポットを、学生さんならでは、地元ならではの視点で取材し撮影した『地元学生取材動画』も視聴出来る入口をH.I.S.クーポン内に設けております。パンフレット同様、この動画も事前に閲覧できるようにすることで今後も全国の観光地の魅力を発信し、“地域のファン化”への発展に貢献できるよう、未来創造企業を目指し、旅行者の利便性を向上してまいります。

 来日されるお客様の誘致に繋がると考え、海外129都市、195拠点(2015年9月17日現在)のH.I.S.の海外支店においてもプロモーション強化も行います。

「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」とは
 「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」は、地域に眠る名品とそれを支えるストーリーや取組を発掘し、表彰することを通じて、地域のチャレンジをより多くの人に知ってもらい、地域の将来を支える名品とその市場開拓および“地域のファン化”を支援する表彰制度です。
 ものづくり等のイノベーションを促進して地場産業を盛り上げるとともに、それを支えるストーリーや人材をエンカレッジするとの意思を同じくする民間企業34社および組織(実行委員会5社、公式サポーター29社および組織)が、知恵と力を合わせて様々な角度から発掘すると同時に、表彰制度を通じてより広く、効果的に発信、周知することを目指しています。
■公式ホームページリンク

【後援】
[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。