logo

創業55周年を契機として即席麺のカナヤ食品がFSSC 22000(食品安全)認証を取得

ペリージョンソン ホールディング 株式会社 2015年09月17日 14時00分
From PR TIMES

 インスタントラーメン業界の中でも屈指の多品種製造型工場である株式会社カナヤ食品(本社:千葉県旭市、代表取締役:座古 昌長、リンク)は、食品安全システムの国際規格であるFSSC 22000およびISO 22000の認証を取得しました(認証登録日:2015年7月19日)。
ペリージョンソン ホールディング 株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:瀬戸裕子)で国際標準化機構(ISO)が発行する国際規格などの審査・認証事業を担う ペリージョンソン レジストラー(以下:PJR、リンク)が認証を付与しました。



 カナヤ食品は、1960年創業の即席麺製造企業です。2004年に品質マネジメントシステムの国際規格ISO 9001を取得するなど「安全」・「安心」・「品質管理」・「衛生管理」を重視してきました。このたび、食の安全への注目の高まりを受け、また、将来的な海外への商品供給も視野に入れ、GFSI承認スキームである食品安全マネジメントシステム規格FSSC 22000を認証取得し、より安全で安心な食品づくりの体制を整えました。

 今後はFSSC 22000の食品安全システムを活用し、お客様にとって、価値のある、喜ばれる、おいしい食品を安全にスピーディーに無駄なく、適量を製造することに磨きをかけ、社会への貢献につなげていきます。

 PJRは、モットーである「PJR-The True Mark of Quality」(PJRマークは信頼の証)のもと、継続的な第三者認証審査を通じてカナヤ食品の信頼獲得に貢献していきます。

【株式会社カナヤ食品 概要】

[表: リンク ]



[画像: リンク ]



*文中の商品名などはすべて各社の商標、または登録商標です。


<ご参考>
○FSSC 22000
FSSC 22000は、ISO 22000(食品安全マネジメントシステム)と前提条件プログラムによる食品安全システム規格で、フードディフェンスを含む食品安全規格として日本で最も知名度の高い認証です。GFSI承認スキームとして世界的に信頼を得ています。
※GFSIは、世界の消費財業界メーカー・小売企業、650社以上によって組織されるTCGF(The Consumer Goods Forum)によって運営される非営利団体です。

○ペリージョンソン ホールディング 株式会社 ペリージョンソン レジストラー
1994年に設立されたマネジメントシステムの第三者認証機関Perry Johnson Registrars, Inc.(本社:米国ミシガン州)の日本法人として、ISO 9001(品質)、ISO 14001(環境)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)、ISO 22000(食品安全)、FSSC 22000(食品安全)、OHSAS 18001(労働安全衛生)など、さまざまな規格の認証審査を行っています。2013年11月にグループ事業統合により、ペリージョンソン ホールディング 株式会社を発足しました。

【会社概要】
社名:ペリージョンソン ホールディング 株式会社 (Perry Johnson Holding, Inc.)
本社:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー9F
設立:2013年11月
代表:
 代表取締役会長 ペリー・ローレンス・ジョンソン
 代表取締役社長 瀬戸 裕子
事業内容:
 マネジメントシステム認証事業(ペリージョンソン レジストラー) URL:リンク
 ビジネスコンサルティング事業(ペリージョンソン コンサルティング) URL:リンク
支店:札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡
URL:リンク



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。