logo

Facebookページで「グローバル目標シェア募金キャンペーン」を実施:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 2015年09月17日 14時01分
From PR TIMES

~すべての子どもの今と未来に希望を~みんなの「シェア」で、持続可能な世界のための新しいグローバル目標を広めよう!

子ども支援専門の国際NGOであるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(本部:東京都千代田区、理事長:深田宏/専務理事・事務局長:千賀邦夫)はこのたびユニリーバ・ジャパンの協力のもと、公式Facebookページにおいて「グローバル目標シェア募金キャンペーン~すべての子どもの今と未来に希望を!~」を実施します。



[画像: リンク ]


9月25日、ニューヨークで開催される国連総会「持続可能な開発に関するサミット」において、貧困、不平等・格差、気候変動のない持続可能な世界の実現に向けて、2030年までに目指すべき17のグローバル目標である「持続可能な開発目標」が採択されます。今後15年間、途上国だけではなく、日本のような先進国も含む世界中の国々がグローバル目標の達成に向けて動き出します。

持続可能な世界の実現のためには、1人でも多くの人がこの目標の存在を知り、自らの権利を知り、目標達成に向けて具体的な行動が取られるよう、世界の指導者たちに声を届け続けなければなりません。そのような考えのもと、世界で70億の人たちにこの新たな17の持続可能な開発目標を広げようと、NGO/NPOや国連機関、著名人、グローバル企業等が参加するムーブメントが起きています。

今回のキャンペーンでは、9月25日(金)~10月11日(日)の17日間、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの公式Facebookページに、17のグローバル目標を紹介する記事を毎日1つずつ投稿します。その記事を「シェア」すると、グローバル・パートナーであるユニリーバが1シェアにつき100円をセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付。寄付金は新しいグローバル目標の達成に貢献する子ども支援活動に活用されます。期間内に10,000シェアを獲得し、70万人に新しいグローバル目標を知っていただくことを目指します。

「グローバル目標シェア募金キャンペーン」概要

[表: リンク ]



<セーブ・ザ・チルドレン、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン概要>
1919年に英国にて設立。子ども支援の世界的リーダーとして、世界30カ国の独立したセーブ・ザ・チルドレンがパートナーシップを結び、現在約120の国で、すべての子どもにとって「生きる・育つ・守られる・参加する」子どもの権利が実現されている世界を目指して活動する国際NGO。国連の経済社会理事会(ECOSOC)の最高資格である総合諮問資格(General Consultative Status)を取得しています。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは日本のパートナーとして1986年に設立。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。