logo

「龍が如く 極」アフレコ現場をストリエ化して配信開始!TGS2015 セガ特設サイト内の開発者スペシャルインタビューも

ストーリーとイラストを組み合わせた新しい読み物のカタチ『STORIE(ストリエ)βテスト版』



セガグループでコンシューマ事業を行う株式会社インデックス(本社:東京都品川区 代表取締役社長:濵田 康彦、以下 インデックス)は、誰でも無料で投稿・閲覧できる新しい読み物プロジェクト『STORIE(ストリエ)βテスト版』(URL:リンク)において、最新作「龍が如く 極」のアフレコ現場の様子と、東京ゲームショウ2015・セガ特設サイト内で公開中の、ゲームタイトル開発者スペシャルインタビューを収録した作品を9月16日より順次配信中です。

・「龍が如く 極」アフレコ収録風景特集ページ
リンク

・セガTGS2015スペシャルインタビュー特集ページ
リンク

[画像: リンク ]



「ストリエ」では、現在制作中でシリーズ最新作となる「龍が如く 極」のアフレコ現場のキャスト(声優)と制作スタッフの休憩中の会話などの様子を、より読者に伝わりやすいストリエ形式でお届けします。

また、9月17日~20日にかけて行われる「東京ゲームショウ2015(以下、TGS2015)」にグループ会社のセガゲームスが出展するのにあわせ、同社の特設サイトで公開中の各ゲームタイトル開発者インタビューの内容を、特別にストリエ形式で公開しました。

インタビューでは、「龍が如く」シリーズの名越稔洋総合監督、「ファンタシースターオンライン2」の酒井智史シリーズプロデューサー、「戦の海賊」の菊池正義プロデューサーが、作品に対する思いや制作に関わる苦労話、新作に関する話題などを語っており、その内容を順次配信します。

なお、インタビューは、「TGS2015セガ特設サイト」でもご覧頂けます。
「TGS2015 セガ特設サイト」 リンク
ゲーム最新作の情報が盛りだくさん!


「ストリエ」は、単なる文章では表現が難しい会話のニュアンスや臨場感を、表情アイコンやフキダシ、地の文を使い直接的に伝えることを可能としています。インタビューや会話にも最適な表現方法を提供する新しい読み物のカタチ「ストリエ」をご体験ください。

<配信概要>
■「龍が如く 極」アフレコ収録風景

・「龍が如く 極」アフレコ収録風景特集ページ
⇒ リンク


■開発者インタビュー

・「龍が如く」シリーズ総合監督 名越稔洋
⇒ リンク

・「ファンタシースターオンライン2」シリーズプロデューサー 酒井智史
⇒ リンク

・「戦の海賊」プロデューサー 菊池正義
⇒ リンク


<STORIEについて>
STORIE(ストリエ)は、文章とイラストを組み合わせたこれまでにない新しいカタチの読み物を“読める”、”投稿できる”サービスです。
テキスト×イラスト×フキダシを縦スクロールで読む新感覚ビューアは、マンガや小説とはひと味違った表現を提供します。
また、どなたでも好きなジャンルのストーリーやイラストを投稿でき、投稿されたイラストを使ってストーリーを作ることもできるため、面白いストーリーのアイ デアがあるもののイラストが描けない方や、イラストは描けてもストーリーが思い浮かばない方でもご利用いただける投稿プラットフォームサービスです。


<インデックスについて>
株式会社インデックスは、株式会社セガホールディングスの100%子会社であり、コンテンツ配信、システム開発、インターネット広告等のコンテンツ&ソリューション事業を中心とした事業を展開しており、これまでの事業活動で蓄積した技術やノウハウを活かし、新規事業にも積極的に進出しています。


■お問合せ先
本リリースに関するお問い合わせ:株式会社インデックス 広報担当 浦嶋・前田
[TEL] 03-5779-5313
[MAIL] pr@indexweb.co.jp



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。