logo

どけんやナビ、建設業イメージアップのためのアート展 「LOG OF MUD」を開催

どけんやナビ有限責任事業組合 2015年09月17日 12時01分
From Digital PR Platform


建設会社と民間のニーズをインターネット上で結ぶ「どけんやナビ」を運営する「どけんやナビ有限責任事業組合」(東京都渋谷区、運営者:泉浩人、北山大志郎 以下、「どけんやナビ」)は、建設業イメージアップのためのアート展「LOG OF MUD」を東京、清澄白河のギャラリー(Gallery Forgotten Dreams)で、9月20日から27日まで開催します。

建設会社の仕事は世間からはキツイ、キタナイ、キケンな職業とされ、建設会社で働きたいと考える若者は年々減少し、人材確保が業界の大きな課題となっています。このような状況を改善するために、「どけんやナビ」では、普段、一般の方々があまり目にすることのない、建設現場で働く人達の姿を見て頂き、安心した生活が送れる背景には、彼らの地道で、時に過酷な働きがあることも理解して頂けるような場を創りたいと考え、今般、アート展を企画・開催するに至りました。

このアート展は、「GoPro」というウェアラブル・カメラで撮影した、建設現場で働く5人の姿をモチーフに、陶芸家の瀬川辰馬が世界に一つだけの器を焼き上げるという、これまでにない、企画になります。

「どけんやナビ」では、新しいアートギャラリーやカフェが立ち並ぶ今、注目のエリア清澄白河で、このアート展が、建設業界や、そこで働く人達のイメージを変える機会になることを期待しています。

【アート展について】
タイトル:『陶藝家 瀬川辰馬が焼成した土建屋の夏の日の記憶』
日時:2015年9月20日(日)〜9月27日(日)*
場所:Gallery Forgotten Dreams
住所:135-0021 東京都江東区白河1-3-21, 2F
電話:03-5809-8217
主催:どけんやナビ 
協力:GoPro
*20日(日)と26日(土)は、一般入場を制限させていただく時間帯があります。詳細はギャラリーにてお問合せください。

【どけんやナビ有限責任事業組合について】
デジタルマーケティングのコンサルティングサービスを提供する株式会社ルグランと、福井県の建設会社、北山建設によって設立。建設会社が公共工事への依存体質から脱却し、民間受注を掘り起こし、新たなビジネスの可能性を広げたいという目的とやる気をもった全国の土建屋さんによる会員組織「どけんやナビ」を運営。
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
どけんやナビ有限責任事業組合 事務局 吉田  Email:info@dokenya-navi.jp TEL:03-6447-4567

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。