logo

ジャガー・ランド・ローバーのボンドカーが世界に向けて公開

ジャガー・ランド・ローバー(Jaguar Land Rover) 2015年09月16日 16時09分
From 共同通信PRワイヤー

ジャガー・ランド・ローバーのボンドカーが世界に向けて公開

AsiaNet 61813

フランクフルト(ドイツ)、2015年9月16日/PRニュースワイヤー/ --

・ジャガーとランド・ローバーのスタント用車両、ジャガーC-X75、レンジローバースポーツSVR、ランド・ローバーディフェンダーがドイツのフランクフルトで国際的デビューを飾ります
・「SPECTRE(スペクター)」の出演者ナオミ・ハリスとデビッド・バウティスタが、モーターショーでの公開に先駆けて、スターが勢ぞろいしたイベントに参加します
・英国のミュージシャン、ジョン・ニューマンがゲストをもてなします
・ジャガー・ランド・ローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門およびジャガーとランド・ローバーのデザイン部門は、映画制作会社と協業で今回のボンドカーの構想・製作に取り組みました
・SVOが、このジャガー・ランド・ローバー史上最もラグジュアリーで高性能な車を担当しています
・ジャガーとランド・ローバーは、「SPECTRE」裏舞台の独占インタラクティブ・コンテンツをリンクリンク で公開予定です
  
今夜、ジャガー・ランド・ローバーは、新たなボンドの冒険「SPECTRE」で登場する車両を祝福しました。フランクフルトの宮殿のようなThurn und Taxis(トゥルン・タクシス)で初めて公開された、ジャガーC-X75、レンジローバースポーツSVR、そして象徴的なランド・ローバーディフェンダーなどの車が、その場の注目の的となりました。

(写真: リンク )

(写真: リンク )

(写真: リンク )

(写真: リンク )

(写真: リンク )

ナオミ・ハリス(マネー・ペニー役)とデビッド・バウティスタ(Hinx役)が、ジェームズ・ボンドシリーズ最新作で使用された特別仕様のスタント車両を紹介するこの華やかなイベントでの主賓でした。英国のミュージシャン、ジョン・ニューマンが、彼のアルバムからヒット曲上位10の数々を披露して、招待客を楽しませました。

アルバート・R・ブロッコリのイオン・プロダクション(EON Productions)、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(Metro-Goldwyn-Mayer Studios)、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが制作・配給するジェームズ・ボンドシリーズ第24作目となる「SPECTRE」の中の最も象徴的なハイスピードのカーチェイスシーンで、ジャガーC-X75が月明かりに照らされたローマの通りを走り抜けます。デビッド・バウティスタが演じたHinxが運転した、ジャガー史上最も先端を行くと言われるC-X75スーパーカーは、ジャガー・ランド・ローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門が、英国オックスフォードシャーに拠点を置く開発パートナーのウィリアムズ・アドバンスト・エンジニアリングと共同で世に送り出しました。

SVOは、2014年6月に開設され、目の肥えた熱狂的なジャガーとランド・ローバーの顧客の間で高まる期待に沿うべく取り組んでいます。現行モデルの高性能バージョン、ラグジュアリーな特注委託製品、限定生産コレクターズエディションの開発に取り組み、SVOは、この象徴的な両ブランドのまさに頂点にいます。

特別に改造されたランド・ローバーディフェンダーと、ランド・ローバーの最速で最もパワフルなレンジローバースポーツSVRもまた、オーストリアで撮影された主なアクションシーンでの主役を演じています。優秀なディフェンダーは、ジャガー・ランド・ローバーのスペシャルオペレーションズ部門によって組み立てられ、撮影で使用された雪に覆われた難しい山道に立ち向かうための直径37インチの巨大オフロードタイヤと強化されたボディープロテクションを備えています。

俳優のデビッド・バウティスタは次のように述べています。「ボンド映画での象徴的なカーチェイスシーンに参加する機会を得て、C-X75スーパーカーを運転することは、私にとってまるで夢の様でした。まさに、映画史に残るような美しい馬力のある車です。」

「SPECTRE」で2度目のマネー・ペニー役を演じるナオミ・ハリスは次のように述べています。「私は、ディフェンダーに乗ってボンドシリーズでデビューしました。そのシーンのトルコでの撮影には多くの懐かしい思い出があります。参加できた非常に特別なシリーズでしたし、ここフランクフルトでジャガー・ランド・ローバーチームとご一緒できてワクワクしています。」

ジャガー・ランド・ローバーのスペシャルオペレーションズ部門のマネージングディレクターであるジョン・エドワード氏は次のように述べています。「ジャガー・ランド・ローバーが、世界で最も有名な映画シリーズの1つの中で、再び象徴的な車両のラインアップに加われることは、当社にとって誇らしい瞬間です。生産とコンセプトカーを同様に紹介する素晴らしい機会であり、今後もこの関係を続けていきたいと思います。」

世界中のファンが、ジャガーとランド・ローバーのソーシャル・チャネルと一新されたウェブサイト上で、デザイン・SVO・スタントチームの未公開映像やインタビュー、ジャガーC-X75の驚くべきダイナミックな360度映像の特別閲覧など、「SPECTRE」独占コンテンツの数々を楽しむことができる予定です。

「SPECTRE」は10月全世界で公開されます。

編集者への注記
高画質動画ファイルはリンク
をご覧ください。

ジャガー・ランド・ローバーのスペシャル・オペレーションズ部門について
ジャガー・ランド・ローバーのスペシャル・オペレーションズチームは、高級車、特注委託製品、伝統的な製品およびブランド製品を届けることに重点を置いています。

ジャガー・ランド・ローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ部門は、スペシャル・オペレーションズ部門内で、ジャガーとランド・ローバー両ブランドの一連の高性能な量産型モデル、カスタマイズ製品、および両ブランドの少量生産限定エディションモデルの製作を担当しています。

SPECTREについて
ボンドの過去の謎めいたメッセージが彼を邪悪な組織を暴くミッションに駆り立てます。Mが諜報機関維持のために政治勢力と闘う一方、ボンドはSPECTREの背後にある恐るべき真実を明らかにしようと数々の偽りを剥ぎ取ります。ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドに扮し、サム・メンデスが監督、ジョン・ローガンとニール・パーヴィス&ロバート・ウェイドが執筆、マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリがプロデューサーを務めます。

アルバート・R・ブロッコリEONプロダクションについて
EONプロダクション(EON Productions Limited)とダンジャク社(Danjaq LLC)はブロッコリ/ウィルソンファミリーが100%所有、管理しています。ダンジャク社は米国の会社で、既存のジェームズ・ボンド映画の著作権をメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)と共同所有しているほか、今後のジェームズ・ボンド映画をプロデュースし、世界に販売する権利を管理しています。ダンジャク社の子会社、EONプロダクションはジェームズ・ボンド映画を製作する英国のプロダクション会社です。007は1962年から23作を生み出した映画史上最長のフランチャイズです。マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリはアルバート・R‘カビー’ブロッコリから引き継ぎいで、「カジノ・ロワイヤル」「007慰めの報酬」「スカイフォール」などボンド映画の最大級のヒット作を製作しました。第24作目の「SPECTRE」は、編集中です。

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(METRO-GOLDWYN-MAYER)について
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)は、映画とテレビコンテンツの製作、世界配給を中核とするエンターテインメントのトップ企業です。同社が、プレミアム映画やテレビコンテンツの世界最深図書館を一つ所有しています。MGMはさらに、内外のテレビ局に投資しており、ユナイテッド・アーティスツ・メディア・グループ(United Artists Media Group 、UAMG)の主要株主で配給を担当しています。詳しい情報はリンク をご参照ください。

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントについて
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)は東京にあるソニー株式会社傘下のソニー・エンタテインメント社の子会社です。SPEの国際展開は、映画の製作・買い付け・配給やテレビの製作・買い付け・配給から、テレビネットワーク、デジタルコンテンツの製作・配給、スタジオ施設運営、新しいエンターテインメント、作品、サービス、テクノロジーの開発に及んでいます。詳しい情報はリンクをご参照ください。

ランド・ローバー・チャネル:
- フェースブック: リンク
- ツイター: @LandRover
- Instagram: LANDROVER
- YouTube: リンク

ジャガー・チャネル:
- フェースブック: リンク
- ツイター: リンク : @JaguarUK
- Instagram: リンク
- YouTube: リンク

詳細については、 リンク またはリンクまでご参考ください。


情報元: ジャガー・ランド・ローバー(Jaguar Land Rover)


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。