logo

FXスマートフォンアプリ大幅リニューアルのお知らせ

株式会社SBI証券 2015年09月15日 16時18分
From PR TIMES

~主要ネット証券初の2画面表示機能で、投資スタイルに合わせて快適な取引を実現!~

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」)は、2015年9月15日(火)より、既存のFXスマートフォンアプリである『HYPER FX アプリ』をリニューアルし、提供を開始することとなりましたのでお知らせいたします。



[画像1: リンク ]

 今回のFXスマートフォンアプリリニューアルの主な特徴は、下記の4点になります。
1.2画面表示機能(主要ネット証券初!※)
2.振替入金機能
3.チャート横画面のスピード注文機能
4.画面デザイン刷新

 現在提供中の『HYPER FX アプリ』は、2015年3月のリニューアル以降、多くのお客さまにご好評をいただいてきましたが、「アプリひとつで取引したい」、「アプリでもWEBサイトと同様の取引をしたい」などのお客さまのご要望にお応えするため、入金から取引までを1つのアプリに集約し、さらに2画面表示機能を追加することで、チャートを確認しながらスピード注文を行うなどWEBサイトと同様の取引ができる仕様に変更いたします。なお、スマートフォンアプリで2画面表示機能を提供するのは、当社が主要ネット証券初(※)となります。

 当社では今後も、「操作性」×「スピード」=『HYPERアプリ』をテーマに、『HYPER FXアプリ』のさらなる拡充を予定しております。また、今後もさまざまな取引チャネルにおいて、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべくさらなる改善を実施し、お客さまへより良い投資環境の提供に努めてまいります。

【主な特徴イメージ】
[画像2: リンク ]



1.2画面表示機能

→投資スタイルに合わせて画面を選択可能
16種類の画面メニューからお好きな2画面の同時表示を実現することで、一人ひとりの投資スタイルに合わせ、さらに快適にご利用いただけます。
※一部画面の小さい端末ではご利用いただけません。


[画像3: リンク ]



2.振替入金機能
→アプリの利便性アップ
外出先や移動中などでもスムーズな入金手続きが可能になり、さらに便利にご活用いただけます。


[画像4: リンク ]



3.チャート横画面のスピード注文機能

→横画面でチャートを見ながらトレードが可能に
WEB取引サイトのディーリング注文と同等の機能をチャート上に表示することにより、取引タイミングを逃さず発注できます。


[画像5: リンク ]



4.画面デザイン刷新
→色合い変更により視認性アップ!
「全員が見やすい」をコンセプトに、視認性の高い色合いを取り入れ、画面デザインを改善しました。「見えにくい」というストレスを軽減し、快適にお取引いただけます。


※ 主要ネット証券は、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、マネックス証券、松井証券。
※ 2015年9月15日現在。
※ 詳細につきましては当社WEBサイトにてご確認ください。(リンク
※ 画面はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。
※ iPhoneはApple Inc.の商標です。
※ iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※ Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。

<金融商品取引法に係る表示>
商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。