logo

働くオトコの“好印象”3大要素は「仕事」「コミュニケーション」「清潔感」

株式会社ハースト婦人画報社 2015年09月15日 16時47分
From PR TIMES

女性の約9割は夫・恋人に「好印象な男性」になって欲しいと回答

男女約900名に「好印象」に関する意識調査を実施



[画像: リンク ]



株式会社ハースト婦人画報社(本社:東京都港区、代表取締役社長&CEO:イヴ・ブゴン)は、25~49才の都市圏在住有職男性600人と、当社発行誌購読女性302人の計902名を対象に「意識・消費行動調査」を2015年7月4日~5日に実施しました。

男性誌は今どのようなコンテンツが求められているのか、読者である男性がどのような印象を抱かれる人物になりたいと感じているのか、改めて背景を調査すると興味深い結果が見えてきました。詳細は添付資料をご参照ください。


<主な調査結果>
1. 世の中が求める好印象な働くオトコの三大要素は、「仕事」と「コミュニケーション」と「清潔感」。(添付資料表1)


働く男性にとって、仕事が出来ることは好印象に直結する要素。「仕事が出来る」と周囲から思われたい一方、周囲からは「真面目に取り組んでいる」とみられていると自己評価。
コミュニケーションは、「聞き上手」「マメである」ことや、「誰とでも仲良く話せる社交性」が好印象ポイント。
ファッションでは何よりも「清潔感」が大切。自分らしいファッションを志向しつつも、清潔感には気を配っている男性も多数見られる。

2. 世の働くオトコの「好印象度」自己採点結果は平均53点、女性の方が高く評価。(添付資料表2, 3)


男性ファッション誌読者は平均58点、非読者は49点と、自己採点に10点近くのギャップ。
女性は、親しい男性の好印象度達成度合いを平均65点としており、男性自身より高く評価。

3. 働くオトコは、「プライベートの女友達」からの印象が気になる(添付資料表4, 5)


最も気にしているトップ3は、未婚男性では1.彼女、2.知人・友人女性、3.職場の部下・後輩女性、既婚男性では、1.友人・知人女性、2.妻、3.取引先女性。男性全体では、「友人・知人女性」の印象が一番気になるという結果に。
清潔感があることが前提の上、友人・知人女性からは、「親しみがあって聞き上手」な男性と思われたく、職場の女性からは、「出来る、頼れる、真面目」と仕事で一目置かれたいと男性は思っている。

4. 女性もやっぱり「仕事が出来てコミュニケーション力の高い清潔感のあるオトコ」が好印象。(添付資料表6, 7)


女性の好きな男性タイプTOP3は「仕事が出来る」「知的」「好印象」
女性の88%は夫・恋人に「好印象な男性」になって欲しいと回答

5. 苦手な上司・先輩のトップは「気性が激しい」、関わりたくない部下・後輩トップは「真面目に取り組んでいない」 (添付資料表8)


尊敬する上司:1.仕事が出来る、2.頼りがいがある、3.リーダーとして率先して動いている
苦手な上司:1.気性が激しい、2.仕事が出来ない、3.嫌味/主張が強い
可愛い後輩:1.真面目に取り組んでいる、2.親しみがある、3.可愛がられ上手
関わりたくない後輩:1.真面目に取り組んでいない、2.仕事が出来ない、3.品が悪い


好印象なオトコの秘訣は「2.5枚目」。
アンケートの結果を紐解いてみると、今の時代に求められる好印象な男性にはバランス感覚が重要であることが分かります。キメキメでカッコいいだけの2枚目や、お笑いキャラな3枚目でもなく、時代が求めているのは、カッコいいけどカッコよすぎず、きちんと笑いも取れる2.5枚目!このような男性を『メンズクラブ』では「2.5枚目のオトコ」として打ち出し、9月24日発売の11月号で大特集します。

<『メンズクラブ』について>
1954年創刊、昨年60周年を迎えた男性ファッション誌。35歳の大人に必要な知性や上品さを備えた、日本人に本当に似合うファッションを提案。「好印象」がなによりも重要なこの時代。『メンズクラブ』は「好印象のバイブル」としてメンズファッション誌をリードしていきます。
創刊:1954年 発行サイクル:月刊(毎月24日発売) 印刷証明付き部数:59,784部 (マガジンデータ2015) 定価:¥780(税込)
ウェブサイト:リンク
フェイスブック: リンク
ツイッター:リンク

<ハースト婦人画報社について>
株式会社ハースト婦人画報社は、日本、アメリカ、フランスの多角的なDNAを持つメディア企業です。創刊110年の『婦人画報』をはじめ、『エル・ジャポン』、『25ans(ヴァンサンカン)』、『ハーパーズ バザー』、『メンズクラブ』などのファッション誌、カルチャー、インテリア、フード、ウエディングなどの各種ライフスタイル誌を発行しています。また、デジタル戦略に注力し、「エル・オンライン」などのメディアサイトや「エル・ショップ」などのEコマースも展開。さらに、経験豊かな編集者を活かし、企業出版にも積極的に取り組んでいます。
ホームページ:リンク
ツイッター:リンク
リンクトイン:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。