logo

パリで大人気のエクレア専門店「レクレール・ドゥ・ジェニ」が、関西初登場

株式会社高島屋 2015年09月15日 16時09分
From Digital PR Platform


クリストフ・アダン氏のパリで大人気のエクレア専門店!
「レクレール・ドゥ・ジェニ」 関西初登場

◆10月14日(水)オープン
◆高島屋大阪店・京都店 食料品売場

パリで人気のエクレア専門店「レクレール・ドゥ・ジェニ」が、10月14日(水)に関西地区に初めてオープンします。

オーナーパティシェであるクリストフ・アダン氏が創り出すエクレアは、店名が意味する「天才的なひらめき」と「素晴らしいエクレア」を、正に表現しています。
カラフルで可愛い見た目と、素材にこだわった味わいは、パリのみならず関西でもきっと話題になると思われます。
                            
 東京では、昨年冬あたりからエクレア専門店が、数店舗オープンしており、ブームの予兆があります。

【クリストフ・アダン氏 プロフィール】
フランスのパティスリーではエクレアは定番であり、日本人がイメージするフランスの代表的スイーツであるシュークリームは無くともエクレアを置いていない店はないほど。
この国民的スイーツに画期的なフォルムを与えたのが、このアダン氏。
1996年、フォション社に入社し、ピエール・エルメ氏やセバスチャン・ゴダール氏のもとで修行。
2001年、シェフ・パティシエとなり、2004年にエグゼクティブ・シェフに就任。
フォションでパティシエを務めていた時代にカラフルエクレアを開発。
2011年、10年以上在籍したフォション社から独立。
2012年12月、パリの流行を先取るマレ地区に「レクレール・ドゥ・ジェニ」をオープン。現在パリに7店舗、日本に5店舗。


【商品紹介】
☆エクレア:オープンの際には12種類のエクレアが並びます。
      価格:432~540円
      サイズ:約11cm×約3cm

☆焼き菓子:「ブルセット」5種と「ミャオ」6種、「クラポット」4種
セット販売だけでなく、単品からもお買い求め頂けますので、気軽なプレゼントからお歳暮ギフトまで、幅広くお使いいただけます。
「ブルセット」・・・ナッツやチョコレート、フルーツの風味が香る
フィナンシェ。
「ミャオ」・・・ラングドシャ生地にチョコレートを重ねたクッキー。
「クラポット」・・・サブレと細かく刻んだアーモンドを載せて焼き上げたパイ。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。